サウンドトレジャーのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上富士夫です
ライブのことや、経営している楽器店・音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

2013年02月

第2回フジオの音楽理論~スケール(2)~

今回は、ド以外の音から始まるメジャースケールについて。

先ずは前回のおさらいとしてクイズです。
メジャースケールの各音と音との間隔を全音・半音で表してみましょう。

答えは
全ー全ー半ー全ー全ー全ー半
です。
今回はここが理解できているとスムーズにわかりますよ。

ド以外から始まるドレミファソラシド。
♯や♭がつきます。

例えば、「かえるのうた」
かーえーるーのーうーたーがー、のあの歌です。

これを楽器で演奏する場合、どーれーみーふぁーみーれーどーー、と演奏するわけですが、これでは音がちょっと高くて歌うのがしんどい、という人がいたとしましょう。
ドから始まると音が高いので、少し低くしてあげます。

ラから始まるようにします。
できたらピアノなどで実際に音を出してみて下さい。

ラーシードーレーミーレードーーー・・・

何だかとても暗い雰囲気になって「かえるのうた」じゃなくなってしまいましたでしょ。
これは、メジャースケールではなくなってしまったからです。

音と音の間隔を整えてあげましょう。
全ー全ー半ー全ー全ー全ー半
の順番になるようにしますよ。

ラとシの間は全音・・・良いです。

シとドの間は半音・・・ここはスケールの2番目と3番目の音ですから「全音」にならないといけませんね。

ではここの音をいじくってやります。
シとドの間を全音にする為に、ドを半音上げてやります。
「ド♯」になります。

では続き
シとド♯の間は全音・・・良いです。

ド♯とレの間は半音・・・良いです。

これで1番目の音から4番目の各音の間隔が全・全・半、と正しくなりました。

続けていきましょう。

レとミの間は全音・・・良いです。

ミとファの間は半音・・・ここは5番目の音と6番目の音ですから間は全音にならないといけません。なので半音上げてやりましょう。
ファ♯にします。

ミとファ♯の間は全音・・・良くなりました。

ファ♯とソの間は半音・・・いけませんね。6番目と7番目の音ですから全音じゃないといけません。
ファとソの間は全音ですが、ファを♯したことにより、ソとの音の間隔が狭くなってしまったのです。

ここで間違えないように!
1番目から順々に音の間隔を整えていますから、ファ♯はそのままで。ですから、ソのほうで間隔を整えますよ。

ファ♯とソの間隔は半音。ですからソを半音上げてやります。
ソ♯です。

ファ♯とソ♯の音の間は全音・・・良くなりました。

ソ♯とラの間は半音・・・良いです。

これで、ラ~ラまでの間隔の調整が完了しました。
全ー全ー半ー全ー全ー全ー半、になってますか?

ラとシの間は・・・・・・全音
シとド♯の間は・・・・全音
ド♯とレの間は・・・・半音
レとミの間は・・・・・・全音
ミとファ♯の間は・・・全音
ファ♯とソ♯の間は・全音
ソ♯とラの間は・・・・半音

はい、できました。

ではこれで、「かえるのうた」をラから始めてみましょう。

ラーシード♯ーレード♯ーシーラーーー

どうですか?
良くなったでしょ。

上記のようにしていくと様々な音で始まるメジャースケールを組み立てていくことができます。
ラから始まるメジャースケールの場合は、ファとソとドに♯が付くことがわかります。

同様にして
ソから始まるメジャースケール・・・ファが♯
レから始まるメジャースケール・・・ファ、ドが♯
ラから始まるメジャースケール・・・ファ、ド、ソが♯
ミから始まるメジャースケール・・・ファ、ド、ソ、レが♯
シから始まるメジャースケール・・・ファ、ド、ソ、レ、ラが♯

次回は♭のつくメジャースケールについて書きたいと思います。


【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さのためではなく、音と音を滑らかに繋がるようにするための練習です。

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

尾道市向島のシーグラスアクセサリー
サウンドトレジャー・オリジナルネックレサン
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-neckresann/

便器について

自宅にて映画を観ていた。

マッシュポテト、山、UFO。

約2時間の映画。
後半1時間はひと時も目を離せないほどの展開で、わたくしは頗る興奮していた。

そんな熱中時代に、腹痛・・・

映画の世界に浸っていたいわたくしは、便意を無視した。いや、無視したつもりになっていたという表現のほうが良いだろう。
しかし腹痛に負けて、わたくしは映画を一時停止してトイレに行った。

トイレから戻り、再生をする。ストーリーはクライマックスへと移って行き、わたくしの脳内は宇宙人との接触の現場に居合わせているような錯覚に陥っていた。

なのにまた腹痛。

結局わたくしは後半1時間の間に3回もトイレに行ったのである。
これは困った。
便座に腰を下ろしながら思索した。

「なぜリビングに便器がないのだ」

「排便というのは汚いからだ。ご不浄などという言葉もある。」

「でも最近のトイレって臭いの処理もできるし、外に飛び散るということもないのだからトイレという空間を設置する必要もないのじゃないか」

「そこまで臭いわけでもないのになぜトイレは特別室なのだろう」

「恥ずかしいからではないか」

「おー、確かに恥ずかしいぞ」

「明らかに排便をしているあのスタイル自体が恥ずかしいのではないか」

「うん、便座に座るときは、椅子に座るときの心構えとは明らかに違う」

上記ミーティングによって何かしらわたくしは納得したのだ。

ソファー型便器を作れば良い。
和室には座布団型便器だ。

テレビを観ながら排便である。
丁寧に立てられた抹茶を頂きながら排便である。

「~リラックスしたままで快適トイレッティング~by TOTO」

「~ラグジュアリーな空間に足りなかったのは便器でした~by INAX」

代表的な各社が素敵便器を開発してくれることだろう。
そうしてお腹の弱いわたくしが安心して暮らせる社会になれば良い。
全国の胃腸の弱い人々も喜んでくれるかもしれん。

新しいアイデアは否定しないと気が済まない日本だから反対勢力もあるだろうけど、否定しながら自分の意見を持っている人は僅かだから心配ない。

全ての椅子が便器になることを願う。
地球に優しく、お腹に優しく。


【サックスとfujiborn】
肺ではなくお腹から空気を押し出すイメージで吹きます

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

尾道市向島のシーグラスアクセサリー
サウンドトレジャー・オリジナルネックレサン
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-neckresann/

今日は府中でライブ

写真(9)
今晩20:00~、広島県府中市高木のライブハウス「オールウェイズ」で、サウンドトレジャーバンドのライブです。

日時:2月24日(日曜日)20:00~
出演:サウンドトレジャーバンド&暁港町モール(三原市)
場所:オールウェイズ(広島県府中市高木)
料金:1000円(1ドリンク付き)

以下、R18指定

昨年も宇宙からのパワーが強かったのですが、今年はもっと強いです。
昨年のパワーと言いますか、それよりも昨年は先ず「もっと宇宙の存在に目を向けるべきである」ということを認知させる為の1年だったように感じます。
こういったことは自覚しなければ感じることはできないのです。
ラジオ、テレビの電波や携帯電話の電波はそれらの受信機材がないとその存在がわからないのと同じです。
「ちょいと交信して見せてよ」なんてことを言ってる場合ではないのです。
写真(5)

わたくしの頭部にはアンテナが生えております。
昨年は内部搭載型ステルスタイプでしたが、今年に入りまして外部型にモデルチェンジしました。
マグマ大使の頭に生えておりますアレと頗る似た形状です。

これもまたステルスタイプですので、だいぶイカレちまった方にしか見えません。
ですがわたくしはとても気に入っております。頭髪がかなり控えめな理由がはっきりしたからです。
頭髪が痩せ細り、抜け落ち、頭部温暖化と共に急速に広がる砂漠化。
その頭部破壊ともいえる状況は、アンテナ搭載のためだったのです。
凛とした太くて硬い2本のアンテナは余程のことがないと折れそうにありません。表面は非常に光沢が有り、少々の反りもございます。

どうだい奥さん、すごいだろう。
写真(8)


【サックスとfujiborn】
同じ箇所で何度も失敗を続けると、それが癖として身についてしまいますので、テンポを落とすか一旦休憩してください。

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

尾道市向島のシーグラスアクセサリー
サウンドトレジャー・オリジナルネックレサン
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-neckresann/

15:30~フジオのラジオ

金曜日です。

あれからもう1週間です。

本日15:30~

ネットラジオ「フジオのラジオ」

ネット検索→「ねとらじ」→番組検索→「フジオのラジオ」

放送時間外は検索しても出てきません。

放送時間15分前からBGM流しておきますので、15:20あたりから検索可能になると思います。

今日もメールやBBSで絡んでくださいね。


【サックスとfujiborn】
音が痩せてしまうとき、マウスピースからサックスのベルまで息を通すイメージで吹くと改善できるかも。

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

尾道市向島のシーグラスアクセサリー
サウンドトレジャー・オリジナルネックレサン
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-neckresann/

第1回フジオの音楽理論~スケール(1)~

明日15:30~、「フジオのラジオ」第2回目の放送です。
今回もメールとかでじゃんじゃん参加してくださいねー。

今日から毎週木曜日、または木曜日らへんに「フジオの音楽理論」と題して音楽の理論に関することを書いていこうと思います。

第1回目の今回は「スケール」の超基本、「ドレミファソラシド」について。スケールとは音階を意味します。理論を身に付けたい方はこういった「音楽の専門用語」もしっかりと覚えるようにして下さい。
ピアノやキーボード、鍵盤ハーモニカが手元にある方はそれを使いながら読むとわかりやすいです。

通常の曲に最も使われ、「ドレミファソラシド」と言った場合に頭に浮かぶこのスケールを「メジャースケール」と呼びます。
この「メジャースケール」という音階がどのようにして決まるかといいますと、隣り合う音と音との間隔の組み合わせで決まります。

ここから鍵盤を使います。
例えば、ドとレの間隔。
ドの白い鍵盤と隣のレの白い鍵盤。ドとレの間には黒い鍵盤がありますね。
同様に、レとミの間隔。やはり間に黒い鍵盤があります。

次のミとファ。間に黒い鍵盤がありません。
なぜ黒い鍵盤がないのかといいますと、ミとファの音の間隔が、ドとレ、レとミの間隔の半分だからです。黒い鍵盤が入れないのです。

黒い鍵盤のないミとファの音の間隔は他の半分ですからということで、「半音」と呼びましょう。
それに対して、ドとレ、レとミのように黒い鍵盤が間にある音の間隔を「全音」と呼ぶことにしましょう。

ドとレの間隔→全音
レとミの間隔→全音
ミとファの間隔→半音

ミとファまでいきましたから次はファとソ。
間に黒い鍵盤がありますのでファとソの間隔は全音。
ソとラの間にも黒い鍵盤があります。ラとシの間にもあります。

ファとソの間隔→全音
ソとラの間隔→全音
ラとシの間隔→全音

ではシとドの間隔はどうでしょうか。
黒い鍵盤がありませんね。だから半音です。

シとドの間隔→半音

まとめますとそれぞれの音と音との間隔は

ド(全音)レ(全音)ミ(半音)ファ(全音)ソ(全音)ラ(全音)シ(半音)ド

全音を「全」、半音を「半」に省略して表記しますと
つまり、ドレミファソラシドのそれぞれの音と音との間隔は

全ー全ー半ー全ー全ー全ー半

と、なります。

では次回はこの、メジャースケールの音の間隔を応用して、ド以外の音から始まるメジャースケールについて書いてみようと思います。


【サックスとfujiborn】
薬指と小指をうまく動かせるようになると練習がスムーズになります。

サウンドトレジャーhttp://93.xmbs.jp/st0925inoue/

尾道市向島のシーグラスアクセサリー
サウンドトレジャー・オリジナルネックレサン
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-neckresann/
ギャラリー
  • 12月のライブ予定
  • 12月のライブ予定
  • ソロライブ大盛況でした
  • ソロライブ大盛況でした
  • 明日はソロライブ
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました