サウンドトレジャーのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上富士夫です
ライブのことや、経営している楽器店・音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

2013年05月

カリーライフ

去る5月6日、小生の大好きな方から「どこが宇宙人?全然違うじゃねーか」ときつくお叱りを頂きまして、当初は「いやそんなことはございませんでしょう」と思っていたものの、実際振り返ってみますと近頃の小生はすっかり宇宙人離れしてしまっていることに気付いたのでございます。

さてどうしたものかと深く思慮してみますに、これは宇宙との繋がりが頗る希薄に、いや、寸断してしまっていたと申し上げましても否定の余地はないものと思うのでございます。

そういった状況ですから、まずは地球上でも比較的に宇宙と繋がっておる地域へと足を運ぶ必要があると思いましたので、昨日は露西亜の勘察加へ行ったのでございます。
露西亜といえば隕石の落下や未確認飛行物体の目撃が多い地域でございます。
物理的な宇宙との繋がりが非常に強いのでございます。

さてそれで良いのかと申しますとこれはそういう訳にもいかず、芸術家たるもの精神世界に十分に目を向けておかねばなりません。
そう考えた矢先にこのような物と出会ったわけなのです。
写真

「血沸き肉躍る」とはまさにこのことでしょう。

「印度だ!」

ヨガ・宗教など、精神的な部分での宇宙との繋がりが強い国でございます。
そいつらが食っているのと同じものを食ってみようではないか。
ガラムマサラとウンコ粉末も購入しました。カリーにウンコが入っているなんて益々宇宙的ではないか。

チキンカリーです。
印度スタンダードです。
写真(1)

サウンドトレジャー・バンドのギタリスト六反さんの奥さまが作ったラッッッッッキョーウゥッも一緒に食べました。

「あぁ、なんて幸せなのだろう・・・」

暫く遠ざかっておりました感情が見事に蘇りました。
そして小生の体からはスパイシーな香りが漂っております。

いつものように、大鍋いっぱいにカリーを作りましたから、暫く印度スタイル・ライスカリーでカリーライフです。
数日もすれば、道行く人に「सुप्रभात」と声をかけることでしょう。
そして様々な事象に対して「बहुत धन्यवाद」という気持ちになります。

素晴らしい今日と、輝かしい明日に感謝致します。
小生が素敵。あなたも素敵。みんなが素敵。
मैं ठीक हूँ


【サックスとfujiborn】
リードにカビが生えることがありますから気をつけてくださいね

カムチャッカ

「北緯50度カムチャッカ沖だ」
という歌詞はいったい何の歌なのだろうか。さっぱりわからぬが現在もそのメロディーラインと歌詞ははっきりと覚えているのだ。

カムチャッカがどこら辺にあるのかということについても気になる所ではあるが、小生としましては「カムチャッカ」という言葉の響きに深い感動と味わいを感じずにはおれぬわけです。
色々なものに「カムチャッカ」を使って頂きたいものです。

トイレの水を流すレバーの部分、あれをカムチャッカと呼ぶと日々のトイレットライフが格段に素敵になると思います。
お子様に問いかけましょう。
「カムチャッカした?」
「あー!カムチャッカわすれたー!」
ちょっとした親子の会話が爽やか且つリズミカルになることうけあい。

こういった様子で様々にカムチャッカという言葉を使うと宜しいのです。
例えば寝室のあれをカムチャッカと呼ぶのもハイセンスです。
隠されたカムチャッカを探すことに夢中になり、気が付くともうカムチャッカだらけになってしまうくらいに楽しい時間を過ごせます。
カムチャッカ探しをすることで1日のストレスが和らぎまして、健やかな睡眠へと導かれていくことでしょう。
枕元にカムチャッカを置いても宜しいですし、シャイな方は枕の下にそっと隠したカムチャッカを誰にも気付かれてないと思いこみ、無駄にニタニタしながら眠っても宜しいのではないでしょうか。


【サックスとfujiborn】
G#キーとD#キーが貼りつきやすい時期になりました。できれば毎回、クリーニングペーパーでタンポのお手入れをしましょう。

にくじゃがをつくったこと

きのう、にくじゃがをつくりました。

みちばろくさぶろうさんが、にくじゃがにはぶたばらにくをいれるのがよろしいといっていたので、ぼくはすーーぱあでぶたばらにくとにんじんとじゃがいもとたまねぎとぶたばらにくをかったのです。

ぶたばらにくとやさいをなべにいれてすこしいためてから、「あ、かりーるーいれなくてわ」とおもいました。
だってかりーるーをいれれればかりーができるからです。
にくじゃがなのにかりーにもなるんだなあああとおもってぼくはおもしろいくなって「わはははは」とわらいました。そうするとそとでからすが「かあー、かあー」といいました。

さとうとしおとみりんとかをいれてからしょうゆをいれました。
しょうゆは、かきしょうゆがあったのでそれをつかいました。

なべにふたをして、ぐつぐつとよわびでにました。
「にじるがふっとうしてやさいやにくがあつくなっているけれど、このこうけいはまるで、かまゆでじごくのようだなあ。わるいことはしないにかぎるなあ」と、こんごのじんせいせっけいもたてました。そうです、ぼくはにくじゃがからいきることのたいせつさをまなんだのです。

かんせいしたのでおさらにのせました。
にくじゃがはやっぱりにくじゃがのあじでした。

こうこうせいのときに「にくじゃがをたべたい」と、おかあさんにいったらいっしゅうかんにくじゃがだったのでつらかったけど、いまはもういっかいおかあさんのにくじゃがをたべたいとおもうけど、おかあさんはさきにうちゅうにいったのでじぶんでつくったのじゃけど、やっぱりかりーにすればよかったかなとおもいました。


【サックスとfujiborn】
梅雨ですから、演奏後のサックスの手入れを丁寧にしましょう。

明日は府中

5月26日(日曜日)
20:00~
オールウェイズ(広島県府中市)
哲&レイwithフライドチキンズ

Pop & Soul & Jazzy な2時間。
1ドリンク付き1000円です。

6月13日(木曜日)
20:00~
関将ライブINはるのんカフェ
はるのんカフェ(広島県三原市)
演奏:関将、サウンドトレジャーバンド
料金:予約有り2500円(1ドリンク付)、予約なし3000円(1ドリンク付)
B'zの稲葉浩志さんのソロアルバム「マグマ」にギタリストとして参加された関将さんのライブです。
ハードロック、ジャズ、日本民謡、バリ音楽など様々なジャンルが融合した独自の世界観はギターの概念を覆されるほど衝撃的なサウンドです。


昨日は凡そ10年ぶりに歯医者さんへ行ってみました。
サックス吹いたり歌ったりが仕事の小生としまして、歯は大切な商売道具。ちゃんとメンテナンスしなくては、と思いまして行ったのです。
とはいえ、イクラちゃんも嫌いな歯医者さんですから、小生は受付を済ませたものの頗る緊張しました。
緊張の余り喉が渇き、病院から一旦出て自動販売機でお茶を買ったのですが、ホット茶を買ってしまう程に緊張していたのです。

名前が呼ばれまして診察椅子へ。緊張MAX。
しかしながら、座ってボーっとしておると、とても和やかな気持ちになりました。
柔らかい空気が流れておると申しますか、リラックスできる雰囲気に満ち溢れております。
院長先生の人柄、院長先生の奥さまの優しさ、そういった何かしらが院内に充満しておることでこの雰囲気が生まれるのだと思います。
思いやりって空間をごっそり包み込むこともできるのだな、と、小生は頗る嬉しい気分になって帰宅致しました。

尾道市久保の黒瀬歯科医院。
素敵歯科!


【サックスとfujiborn】
スケール音を端から端まで使わなくても良いのです。それよりも思い浮かんだフレーズを音にすることのほうが重要。



共感

944396_614438301901131_1166048819_n
金曜日のしまなみ交流館ギャラリーコンサート、土曜日の福山市霞町商店街での路上ライブ、宮徳さん180周年記念パーティー、昨夜日曜日のプラスティックオノミチバンドのライブ。
3日間で頗る沢山の方の前で演奏ができまして感謝しております。本当にありがとうございました。

今月頭頃からずっと考え込んでおることがございまして眠りたいけど眠れない、食べたいけどそれ以上に食べたい、そんな日々でござる。

こういった心境で果たして人前で演奏して良いものかと悩みつつも、ステージに上がりますと頗る快適な気分になりますものですから、小生にとって音楽とは掛け替えのないものなのでございます。

獅子奮迅のスピリッツで演奏をさせて頂いております。

そんな中でのプラスティックオノミチバンドのライブ。
The東南西北の「内心サンキュー」、池永憲彦さんの「ありがとう」「World」といった曲が今までに体験したことのないレベルでわたくしの心に飛び込んで来るではありませんか。
わたくしは驚きました。いつもの宇宙波とは明らかに異なるものが入り込みまして、音の流れを作り出すことがこんなにも清々しいものであると実感したのは初めてだったからです。

「嬉しい」「楽しい」はいつものことですが「清々しい」という体験は今までなかったのです。
ライブの進行とは全く関係なく、小生は感涙してしまいそうになるのを抑えるのに必死でございました。

考えるよりも感じることを優先したライフスタイルを送っておりますから基本的に10分も考えますと頗る満足して「随分と大人になったものだ」と思ってしまう小生ですが、今とても長い時間考え込んでおります。
考えるなんてことは結局自分の狭い見識で同じようなことをグルグルと循環させるだけなので頗る無意味だと思っておりますが、そこから何かを生み出せる、或は見出せるなら、考えるのもなかなかステキじゃないかと感じた次第でございます。

然れども、直感のほうがだいたい当たっているのだよな。
考えるのは疲れるのでなるべくなら避けたい。


【サックスとfujiborn】
リードの振動を意識して。マウスピースを強く噛み過ぎないように注意しましょう。
ギャラリー
  • 12月のライブ予定
  • 12月のライブ予定
  • ソロライブ大盛況でした
  • ソロライブ大盛況でした
  • 明日はソロライブ
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました