サウンドトレジャーのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上富士夫です
ライブのことや、経営している楽器店・音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

2014年02月

第30回フジオの音楽理論~251フレーズ~

サウンドトレジャー音楽教室・生徒さん募集中
・サックス
・ジャズ理論
・ボーカル
・アコースティックギター
・エレキギター
・ベース

Ⅱ-Ⅴ-Ⅰフレーズです。
IMG

特にひねりのないメジャースケールでのアドリブフレーズですが、1小節目3拍裏のC#や2小節目2拍裏の経過音E♭でジャズっぽいフレーズになります。


【サックスとfujiborn】
ウォームアップ時のロングトーンでアタック・ピッチ・音の太さ・など色々なことに注意しながら吹くことで意味のある練習になります

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

サウンドトレジャーのメールマガジン「サウンドトレジャー通信」
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

ハリソンリガチャーの補修

「ハリソンハーツ」
というメーカーのリガチャーを使っております。

リードを面ではなく点で固定するので音色の表現の幅が広がります。

先日、日曜日にサポートの仕事が入ったので現場へ行きましてリードを装着しておりますと
「プチン」といいました。
瞬間的に「嗚呼、やってしまった」と気付きました。

ハリソン

矢印の部分が切れておりました。
幅は2.5ミリ程で厚みは0.3ミリ程しかないのですから、ここはよく切れるそうです。
知らずに使うと購入したその日に千切れてしまうこともあるそうです。

ここが切れた状態でもなんとか使えるのでライブはそのまま演奏しましたが、いつもとリードの固定バランスが違うため吹奏感が違いました。

さてどうしたものかと翌日考えておりましてハンダ着けすることに。
先ずは切れた部分の補修をしました。
当然、肉厚になります。バランスと補強を考えまして反対側もハンダ着け。
写真(1)

補修した側はネック寄り。補修しなかった側が咥えるほうになります。
で、小生はいつもネック寄りのネジでリードを固定し、反対側のネジはグラつかない程度にしか締めません。千切れてしまったのはこの使い方にも原因がございましょう。

補修の後、早速使用してみました。
問題なく使えるようになりました。補修前に比べて若干ですが音色が硬くなったような気がしますが、暫く使用してみないとわからないかもしれませぬ。


【サックスとfujiborn】
サックスはリードで音を出します。いつまでも古いのを使わず、新しいものに取り換えましょう。

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

カリーライフ

会う人あう人に「カリー食べてますか?」と訊かれる。

何だかすっかり
井上富士夫=カリーライス
という定義が根付きつつあるようだが、小生の最も好きなものは飽く迄もカラアゲである。

これはブログをよんで下さっている方だけに教える内緒な話だが、小生はカリーにカラアゲを乗せるという贅沢極まりない食事を週に1回はしてしまうのだ。
小生にとってカラアゲ乗せカリーは、「サハラ砂漠のオアシス」であり「お皿の上の小宇宙」なのである。

昨年5月29日に始まったカリーライフは今月末で9ヶ月が経過し、桜が咲くまでには何とか小生はスーパーインド人レベル1に到達するか、或は小生から分離した状態でChild of Indiaが発生するらしい。
後者の場合には小生に殆ど関係のない話であるから、できればスーパーインド人レベル1がいいけどねぇ。

昨日はジーズンが破れ、一昨日は本番直前にハリソンのリガチャーが千切れた。
何かしら入れ替えのお知らせでございましょう。
感謝感謝。


【サックスとfujiborn】
オリジナリティーと他人との比較を混同してはならない

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

ひとりぼっちの夜

ひとり「ぼっち」ではない。
ひとりが好きなのである。

ひとりで料理番組ごっこをし、ひとりで「ぶらり途中下車の旅」ごっこをするのだ。

できる限りの想像により、オリジナリティー溢れるSleeping Styleを考案できた時の喜びは他人に伝えたい気もするのだが、やっぱりひとりでこっそりと喜ぶのが良い。

ふと鏡に写る自分を見ると随分と顔がニヤケているので恥ずかしくなってしまう。
ひとりなのに恥ずかしいのである。一体どうして自分の部屋にひとりで居ながら赤面しているのかと思うと小生は暫くその場へ立ち尽くし、やがてショコラティエを食べ始める。

呼び鈴は突然に鳴るのだ。
玄関を開けると宅配便の方が小生を奇異の目で見る。

口の周りをショコラカラーに染め表情が緩みきった小生は、片手に白手袋をはめて太字で「スパイシー」と書いたダンボールを持っている。

落ち着いた紳士的な声で
「いやー、寒い中ご苦労さまです」
と言ってみるものの、どうやら頗る希少な生物を見るような表情は変わらぬのである。

気にすることはない。
小生は部屋に戻りダンボールに「カリー」という文字を書き加え、頗る満足したものだから「マイッチング」と呟くのだ。


【サックスとfujiborn】
同じ箇所を何度も間違えながら練習すると間違える練習をするのと同じである。

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

昨夜のライブ

尾道しまなみ交流館でのギャラリーコンサートにご来場頂きましてありがとうございました。

昨日は午前中に雪が降っており、気になったのですが「昼には止み、夕方までには融けるよ」と宇宙のほうから説明がございましたものですから安心して準備を進めていきましてん。

アンコールを含め10曲を演奏。
うちオリジナル曲は3曲と、徐々にではございますが小生の作品も増やしておるのでございます。

バレンタインディーということで幾人かのお客様からショコラティエを頂きまして小生は頗る満足して帰宅したのです。
数箱のショコラティエが昨夜のうちに空き箱になったことはナイショでございます。
写真(1)


【サックスとfujiborn】
サックスなんて自分には絶対吹けないだろうと思う方は、サウンドトレジャーに来て試しに吹いてみるといいよ。

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/
ギャラリー
  • 明日はyonoaさんとライブ
  • 本年もどうぞよろしくお願いします
  • 本年もどうぞよろしくお願いします
  • 東京でチャリティーコンサートに参加しました
  • 東京でチャリティーコンサートに参加しました
  • ツアー4日目
  • ツアー4日目
  • ツアー2日目と3日目
  • ツアー2日目と3日目