サウンドトレジャーのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上富士夫です
ライブのことや、経営している楽器店・音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

2014年03月

昨夜の夢

随分と曲がりくねった坂道をどんどんと登って行った先に保育園があり、その保育園の給食調理場で鶏の唐揚げが販売されているというもの。

到着したのは13:38。
唐揚げ販売は14:00まで。

さてこれから買って食べるぞというところで目が覚めたのだ。
山盛りになって販売されている唐揚げを目の前にして目が覚めたのだ。

敗因は、唐揚げにエキサイトし過ぎたことによる心拍上昇。


【サックスとfujiborn】
D#、G#を上手く操作できるようになったら初心者卒業

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

Than someone

人生もそろそろ真ん中らへんになろうというのに、何かしらを他人と比較しようとしている自分を見つけた時というのは実にゾッとしてしまうのである。

比較することで安心してみたり、或は自分の才能の無さを見つけ出して諦めようとしてみたり。
どちらにしても元来そこまで競争心というものが備わっていない小生にとって他人との比較というのは実にくだらないものなのだ。
そんなことを考えている暇があるなら、美味しいカラアゲ探しのスケジュールを考えながらさっさと寝ればいいのにと、的外れなエゴ(或は衝動的思考といいませうか)を少々嘲笑うのである。

音楽などというものは競争で抜きんでているものが優れているというものではない。いや、優れたという表現が既に酷く馬鹿げておるのだが。
これは自論であるけども、音楽家は心に伝わる演奏、もっと言えば意識に訴えかける演奏を紡ぎだすべきであろうから、他人との技術レベルの比較であるとかそういった表面的に理解できるようなレベルで思考していたのではいつまで経っても進歩などないのである。

どうすれば自分の意識レベルにおける感情を脳へと伝え、それを音として表現できるかを磨くのが真の音楽家である。つまり心をよりオープンにした状態で演奏できるようにするにはどうすれば良いかということを日々考え日々鍛錬していくのだ。

「あなたはあなた、そしてわたしはわたし」
「ゆうべはゆうべ、そして今夜は今夜」
パッパッパヤッパの姉さんも歌っているよ。


【サックスとfujiborn】
出したい音のイメージが明確になるほどサックスはきれいな音を出してくれます

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

太陽系カリー

今月末でカリーライフは10カ月。

クミン
コリアンダー
ターメリック
フェネグリーク
スターアニス
シナモン
チリパウダー
フェンネル
グリーンカルダモン
クローブ

炎の上で10種類のスパイスの入ったカリーをグルグルとかき混ぜているうちに、何だかそれが宇宙のように見えてきたのである。

星の王子様となった小生は、素敵UFOに乗りスパイススペースを眺めるのだ。
一つひとつに個性があり、それだけでは食べられたものではないスパイスだが、それぞれの分量を適当に調整しながら出来上がる複雑な美味しさは、絶妙のバランスによる大宇宙の御慈悲によって存在する地球そのものではないか。

土星とか木星とか、まだ行ったことはないのだけど人が住めたもんじゃないんじゃけーね。
でもそれらがなければ地球の環境は存在しなかっただろうし、火星に人類が移住できるかどうか躍起になって研究しておる人もございますけども小生にしてみたら目の前のカリーのことで夢中である。

香り立つカリー、湧き上がる性・・・・・・・食欲、小生は華麗なる宇宙をブラックホールのように我が小宇宙へと吸い込むのである。

カリーは飲み物です。


【サックスとfujiborn】
リズムに合わせるのとタイミングに合わせるのとは違うのです

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

小生の3.11

3年前の小生はまだまだお店を上手く経営できておらず、色々と難儀しておりました。
そんな訳で暇を持て余しておりました小生のお店には、ご自由な友人が来て午後のチータイムを過ごしておったのです。

何だかインターネッツの調子が悪いななどとお話していたところへ夢破れた若者が飛び込んできまして、「大変なことになってますね」と言うのです。
既にこの頃からTVを所有しておりませんでしたので、若者に内容を聞いて非常に驚きました。

翌日、小生は携帯電話で久しぶりにTVを観まして悲しくて仕方なくなりました。
ご自由な友人と夢破れた若者の3人で打ち合わせをしました。

「じっとしとられん」

自らの生活に事欠いておりましたから、一体何ができるだろうかと悩みました。
震災直後で「派手なことは避けましょう」と、日本は日本人らしいムードでした。
でもやっぱり「音楽しかないし、音楽しかできぬ」。
3人での打ち合わせの結論は「チャリティーコンサートをしよう」というものでした。

・場所はどうするか
・どうやって広めるか
・人は集まるのか

うぬぬぬと考えておりましたが、高校時代の友人が頭に浮かびましたので連絡をしてみると「うちの会社を使うがいいよ。折り込みチラシでお知らせするよ」と快諾してくれました。

3月19・20日、チャリティーコンサートを開催しました。
沢山の方が来て下さり、地元ケーブルテレビやNHKのローカルニュースでも放送して頂きました。
支援物資の募集もして、色々な物ではなく、確か3品目ぐらいに絞ったのですが、それも沢山集まりました。
色々な人の気持ちが集まっているんだなと、半ば強行突破のチャリティーコンサートでしたが開催して良かったなと思いました。

当時、末期がんで亡くなる半年前の母も来てくれました。
抗がん剤治療で抵抗力が落ちていたので帽子、マスク、など何かしら新しい宗教の人みたいな格好でしたが、母はとても楽しそうに演奏を聞いてくれました。
母は亡くなる直前まで、家族の話と東北の話ばかりしておりました。

小生は「東北へ行きたい」とずっと思っておりました。
行って何かできるわけでもございませんから、なかなか動けず、それでも行きたいという気持ちはずっと心の中にありました。

ふとしたきっかけで宮城県気仙沼へ行くことができたのが2012年8月。そして昨年9月にも行くことができました。生前の母の思いを少しだけ叶えることができたような気になりました。

それから今月23日、3回目の気仙沼がとても楽しみです。
今回は気仙沼紫市場のイベントでのコンサートをお手伝いさせて頂くことになりました。
尾道でのチャリティーコンサートから3年。被災地でのコンサートに出演させて頂けることに感謝致します。

以上、小生の3.11を少しだけ紹介させて頂きました。


【サックスとfujiborn】
分散和音の練習はコードの響きを意識しながら

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/


第32回フジオの音楽理論~251フレーズ~

サウンドトレジャー音楽教室・生徒さん募集中
向島本店:サックス・ギター・ベース・ボーカル・音楽(ジャズ)理論
因島店(4月6日開校予定):ギター


前回ご紹介しました「ホールトーンスケール」を使ったアドリブフレーズです。
コード進行はDm7-G7-CM7
251-0311

1小節目のDm7
5度の音Aから下降し、3拍目から3度・5度・7度・9度と上昇していきます。
2小節目のG7
ここにホールトーンスケールを使っています。
Gホールトーンスケールです。
ルート音から単純に下降していき、最後は3小節目CM7のルート音に繋がるよう、Cの半音下であるB音になっています。

ドミナントコードであるG7で不安定な音を使うことにより、トニックコードのCM7での解決感がより強くなります。


【サックスとfujiborn】
緊張と緩和が交互にあるのが良い音楽

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/
ギャラリー
  • 明日はyonoaさんとライブ
  • 本年もどうぞよろしくお願いします
  • 本年もどうぞよろしくお願いします
  • 東京でチャリティーコンサートに参加しました
  • 東京でチャリティーコンサートに参加しました
  • ツアー4日目
  • ツアー4日目
  • ツアー2日目と3日目
  • ツアー2日目と3日目