サウンドトレジャーのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上富士夫です
ライブのことや、経営している楽器店・音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

2014年04月

ギターのこと

d28


木でできた箱(ボディー)の表面に鉄の弦を張ってありまして、それを弾いて音を出すのがギター。

細長い部分(ネック)を指で押さえて音程を変えて色々な和音(コード)を作ることができます。
そしてジャーン(ストローク)とかポロロロン(アルペジオ)とか演奏するわけです。

唯それだけ。

理論的にはとても簡潔なのだけれども思うように音が出ないのが楽器の面白いところ。
練習の仕方としましては、和音の色々な押さえ方(コードフォーム)を覚えたり、ピックや指を使って弦を弾くのに慣れたりします。

いくつかの押さえ方を覚えれば、それに合わせて歌を歌うことができます(弾き語り)。
1人が和音を弾いて、もう1人がメロディーラインを弾いて2人で1つの曲を弾くこともあります(ギターデュオ)。
数人でギターだけのオーケストラで演奏することもあります(アンサンブル)。
1人で和音とメロディーラインを同時に演奏する方法もあります(ソロギター)。

どんな演奏方法にも共通することがあります。
一生懸命に練習した演奏は、誰かを感動させたり元気づけることができます。

Let's play the guitar with us!

SOUND TREASURE Music School
向島店:尾道市向島町5460-1
因島店:尾道市因島田熊町1128-1


【サックスとfujiborn】
リガチャーを変えることで音のキャラクターを変化させることができます

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/


インターネッツの影響力

お店にご来店される方の中には小生よりも楽器に詳しい方もいらっしゃる。それは小生もお勉強になるので良いのだが、中にはインターネッツで調べたことが全て正解だと思っておられる方がおり、これは少し厄介な場合がある。
確かにインターネッツで調べれば広く情報を得ることはできるのだが、大半は個々の好みによる見解だったりするので正しくない情報もございますのだ。

例えば小生のように楽器販売をしている店のお客様が使うのが「初心者用の楽器」という言葉。
これはインターネットでの楽器販売によく使われている言葉なのだが、何が初心者用なのかというと価格である。
「初めて楽器を買われる方に手の届き易い価格ですよ」というのが「初心者用の楽器」なのだ。

例えばギターであれば3~5万円のものよりも15万円くらいのほうがあまり力を入れずに演奏できるし、30~40万円のギターはFやBmなど初心者には難しいとされるコードも安価なものよりも少ない力できれいに鳴ってくれるのである。
演奏のし易さと音の良さで言えば30~40万円の楽器のほうが初心者用である。

サックスも同様である。サックスの平均価格帯は凡そ20~45万円。しかし最近では「初心者用サックス」として5万円程度でサックスを演奏するのに必要なものを揃えることができる。
勿論、演奏も練習さえすればできるようになるのだが、音のコントロールが難しかったり息を入れるのが難しかったりと、平均価格帯のものと比べると演奏しにくいのでどちらかというと「経験者向け」なのである。

しかしながら、趣味の道具として最初から20万円の楽器を購入するのもなかなか度胸のいることだから、小生は39800円のサックスを販売する際にはちょいと改造を加えてなるべく演奏しやすいコンディションに仕上げてからお渡ししている。

様々な専門家とお話をしていて共通するのが「本当に大切なことはインターネッツ上には公開されていない」ということ。
専門書であるとか現場で直接であるとか、そういった方法でしか得られない情報が沢山あるのだ。
どんなジャンルの情報でもお気軽に調べることができるインターネッツ。でもそれは「お気軽レベル」の範囲内でしかないことを理解しておくべきである。


【サックスとfujiborn】
楽譜を見て練習をする。1度目で間違えた箇所を2回目は絶対に間違えないように気をつける。ただこれだけで飛躍的に習得が早くなります。

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

下関と門司と小倉

今日の苔
苔0427


先週金曜日のライブの前日ちょうどサウンドトレジャーの定休日だったので、山口県下関市のミュージシャン仲間さんにご案内して頂き下関をウロウロしました。

関門大橋
写真 2


関門海峡の夕暮れ
写真(7)


河豚ファミリー
写真(8)


夜はジャズのお店「JAZZ INN BANDWAGON」へ。
下関のミュージシャンとのセッションを楽しみました。

いつも思います。人間とあまり上手くコンタクトをとれない小生は、自分のことをあれこれと説明するのが苦手ですし、たまに説明などしていると自分が何を言っているのかよくわからなくなります。
でもセッションをして音でお話をすると演奏が終わった頃にはすっかり打ち解けておるのです。音楽は素敵だなと思います。

金曜日はお昼と夜の2つのライブ。
時間がありましたので門司港レトロを少し散歩しました。
写真 1(1)


まずは旧門司三井倶楽部での演奏。
写真(3)


1921年の建造物で、1922年にはアインシュタインさんが宿泊したこともあるそうですよ。
屋内はカーテンまでもが当時の物のままで、布が劣化しているから触ってはいけないらしい。

写真 3(1)


関将さんの演奏が歴史的建造物に響き渡ります。
天井にも細かい装飾があります。

レトロな感じで
写真(5)


途中で小生も吹きまして
mitsuikurabu1


朗読家の、かしょうふみこさんという方の朗読と関将さんの演奏のコラボがあり、小生の頭は妄想で満たされました。
また、かしょうさんの御主人は画家で、ライブの様子をササッとスケッチされておりました
mitsuikurabu2


夜は小倉北区の「SOMETIME」でライブ。
昼間のライブとは全く違った雰囲気で、関将さんの演奏も変化があり楽しかったです。
sometime1

sometime2


写真(2)


【サックスとfujiborn】
色々なジャンルを聴くことで豊かな表現力を身に付けましょう

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/


明日は福岡です

明日の午後と夜に北九州市で関将さんのライブです。お手伝いさせて頂きに行きます。

◆関将ライブ
開場13:00
開演13:30
会場:旧門司三井倶楽部
住所:北九州市門司区港町7-1
料金:前売3000円 当日3500円

◆関将ライブ
開場19:00
開演19:30
会場:Live in SOMETIME
住所:北九州市小倉北区竪町1-2-30 三原ビル2F
料金:前売3000円 当日3500円

写真(3)

関将さんは、6月10日に三原市、11日に福山市、17日に岡山市、7月23日に尾道市に来ます。


【サックスとfujiborn】
少ない音で沢山のことを表現するのも大切

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

Hello Mosquito

一足早い夏の訪れ・・・

そんな風流なことは毛頭思わぬのだ。

夜中に首と頭皮の痒みで目が覚める。
痒ひ部分が膨れており、何かしらストレスなどで湿疹が出たのであらふかと少々心配になりながらも再び眠らふとする。

「プーーーーーーン」(匂ひの表現ではありませぬ。音の表現で御座ひます)

そんな筈はないでせふ。

「プーーーーーーン」

やはり聞こへるのです。

「プーーーーーーン」

間違ひ御座ひませぬ。

モスキート・・・

暗闇の中で手を打ってみたり無暗に頬など叩ひてみるのですが、撃墜することは不可能なので御座ひます。

午前3時。
意を決して起き上がりまして、液体蒸発式毒瓦斯発生装置を稼働。
長年の悩みから解放されたかの如く小生は再び眠りに就ひたのです。

人間と同じやふに、虫の世界にも随分と気の早ひ者がおるのでせふ。
焦りは禁物で御座います。


【サックスとfujiborn】
抑揚とは音の高さだけではなく、大きさ、長さも関係するのです

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/
ギャラリー
  • 12月のライブ予定
  • 12月のライブ予定
  • ソロライブ大盛況でした
  • ソロライブ大盛況でした
  • 明日はソロライブ
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました