サウンドトレジャーのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上富士夫です
ライブのことや、経営している楽器店・音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

2015年06月

虚空を見つめる会

割りと耳が疲れますので時々、耳を休ませる為に海やら山やら行きます。
なるべく人工物の音がしない場所へ行き、自然の音を聞きます。
向島という島に住んでおりますので海が近いです。
波の音と風の音を聞きに行きました。

IMG_4567


左下にうっすらと月が写っております。
最初は海と空の間をジロジロと見ておりますけれども段々と空へ視線が移動します。
空の向こうを見ようとします。
大気圏を超えてオゾン層を超えてだいぶ遠くへ行きます。

太陽と月と地球の位置関係を少し考えますけれども眠くなるのでやめます。ああいったことは図に書きながら考えたほうが分かり易いからです。分かりにくいことはやらないタイプです。

銀河系やらブラックホウルやら飛び交うUFOのことやらを脳内で見ておりますと嬉しくなり過ぎて目元が緩み、口元が綻びます。どうやらこれ以上は危険であると判断し帰宅するのでございます。


【サックスとfujiborn】
好きなサックス奏者の名前を3人挙げて下さい

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/
◆フヂヲカリー研究所メールマガジン
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on

発音と滑舌と

「シェシェシェシェー、シェシェシェシェシェー!」
「シェシェシェー、シェシェシェシェシェシェー!」

サイレンを鳴らしながら、救急車が通るのに「道を開けて下さい」とか「赤信号を通過します」とか言っているのだけども、滑舌が悪過ぎて「シェシェシェシェシェー」にしか聴こえなくて残念な気持ちになった。
きっと、ちゃんと喋ればちゃんと聴きとり易いアナウンスになるのだろうけれども、そんなことはお構いなしで「シェシェシェシェシェー」を連呼しているのだ。

サウンドトレジャー音楽教室のボーカルコースは、基本的には「ボーカルレッスン」ということで歌を歌う場合の音程や節回しなど、どちらかと言うと楽器に近い解釈でのボーカルのレッスンというやり方ですが、必要を感じたり或いはご希望がある場合にはボイストレーニングもやっております。

ボイストレーニングをすることで普段の話し方にも変化が表れてきます。
滑舌の良い話し方をすると自然と声にハリが出てきます。
滑舌が良くハリのある声というのは、明るい性格のイメージやハキハキとしたイメージを与えることができますので会社の面接や人前で話しをされる方にはとても効果があると思います。
もちろん、カラオケやバンドのボーカルなどで歌を歌うときにも役立つことは間違いなしです。

伝わりやすい話し方と伝わりやすい声を使えるようになることは、それだけでプラスのイメージを与えるくらい効果があります。


【サックスとfujiborn】
いつも同じように楽器を構えることができるようになることは初心者にとって大切なことです

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/
◆フヂヲカリー研究所メールマガジン
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on

練習は些細に繰り返す

些細なことを繰り返すだけで良いんです。

きちんとレッスンの課題を家でやってきているのに上達が遅いと判断した場合には、練習方法のアドバイスをさせて頂いております。

1つの曲を演奏する場合に於いて最初に必要なことは
・止まらないこと
・間違えないこと
この2点です。
これができていないと表現やニュアンスのレッスンはできません。
2点をなるべく早く仕上げることが演奏を深めることになり、同時に演奏を楽しむことにも大きく影響します。

では、どのような練習をすればそこへ早く到達かということですが、「些細なことに気をつける」のです。

◆同じ個所を何度も間違えないようにしましょう。
間違えない為の練習なのに何度も間違えていたのでは練習そのものの意味も薄れてきます。よく間違える(よく間違えること自体が間違いだと思いますが・・・)箇所はピックアップして正確性を高めましょう。

◆必ず「仕上げ」をしましょう。
今の時点で演奏できるのは曲の半分までかもしれませんが、では曲の最初から半分までを止まらずに演奏できるようにしましょう。途中で止まるとカラオケでもバンドでもそこであなたの演奏が途切れてしまうことになります。止まらずに演奏できることは楽しむことに繋がります。

上級者ほど些細なことを繰り返す練習をしています。些細なことに気を付けるだけでミスは簡単に減るからです。
どんどん上達して演奏を楽しめるようになりましょう。


【サックスとfujiborn】
吹奏感を覚えることでセッティングが安定してきます

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/
◆フヂヲカリー研究所メールマガジン
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on

手羽先のカリー

手羽元を沢山買ったのでカリーに入れました。

ヨーグルト400グラムに、パプリカと砂糖を大さじ1づつ入れたものに手羽元をしっかり12時間漬けました。
肉がとっても柔らかくなりました。

玉ねぎ2個をみじん切りにして炒め、トマトジュース200ccを入れて5分くらい煮込みます。
そこへ「フヂヲのスパイシー4人用(http://fujiocurry.theshop.jp/)」を投入。
全体に行きわたるようによくまぜましたら手羽元を加えます。漬け込んだヨーグルトも全て入れて下さい。

フツフツとしてきたら軽く混ぜながら10分ほど煮込めば完成。
手羽元の状態が気になる方はもっと長めに煮込みましょう。
圧力鍋を使えば手羽元から肉がポロポロと外れやすくなり、とても食べやすいですよ。

小生がオリジナルの配合をしましたミックススパイス「フヂヲのスパイシー」で本格インドカリーをお楽しみ下さいませ。


【サックスとfujiborn】
ジャズを演奏したいならジャズを沢山聴きましょう

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/
◆フヂヲカリー研究所メールマガジン
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on

明日は広島市でライブ

明日は広島市のJIVEにてBakersfieldさんのライブのサポートです。

JIVEは3年ぶり。

20150621


【サックスとfujiborn】
ウォーミングアップでリードを湿らせ楽器を温めましょう

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/
◆フヂヲカリー研究所メールマガジン
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on
ギャラリー
  • 12月のライブ予定
  • 12月のライブ予定
  • ソロライブ大盛況でした
  • ソロライブ大盛況でした
  • 明日はソロライブ
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました
  • 伊藤広規さんとのライブありがとうございました