サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

2018年03月

今日は今沢カゲロウさんのライブ

BE9B4053-C0D2-4457-B45B-2D422879FB90


今夜はBASSNINJA 今沢カゲロウさんのライブが尾道であります。
僕も出演させて頂く予定です。

あと少しだけ空席があります。
ご予約は不要ですので是非ご来場くださいませ。


今沢カゲロウ ライブ
会場 オエコモヴァ
住所 尾道市久保
オープン 18:00
スタート 18:30
料金 2500(オーダー別途)
出演 今沢カゲロウ、井上フヂヲ







【サックスとfujiborn】
薬指、小指は動きにくいのでしっかり練習しましょう

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

マウスピースのキャラクターの出るアンブシュア

サックスのレッスンで生徒さんに意識して頂くようにアドバイスすることの1つに「アンブシュアを緩める」というのがあります。

サックス初心者の殆どの方がマウスピースを噛み過ぎています。
結果、下唇が痛くなったりかなり短時間で口の周りの筋肉が疲れてしまったり。


上達してくるとマウスピースをジャズ用に変えたりメタルを使ったりしますが、強く締めつけるようなアンブシュアだとマウスピースのキャラクターが出にくいです。


メイヤーであればダークなサウンド、クラウドレイキーは明るく艶のあるサウンド。
メタルならヤナギサワ、デュコフ、オットーリンク、ビーチラーなど、より個性的なサウンドのマウスピースが多く、それぞれのキャラクターの表れたサウンドで演奏するにはアンブシュアを緩める必要があります。


なぜ締めつけたアンブシュアではキャラクターが出にくいかというと、強く噛んだ状態だとリードの振動が小さくなり、加えてリードの振動する範囲が狭くなるからです。
これによってマウスピース本来の形状の活かされたサウンドではなく、痩せたサウンドになります。

個性のあるサウンドの出るマウスピースほど開きが大きくなりがちで沢山の息が必要ですから、どうしても締めつけてしまいがちです。メタルのマウスピースは細身ですから噛む力も余計に入りやすくなります。


マウスピースを変えたとき、思ったのとかけ離れたサウンドだと感じた時はまずアンブシュアを緩めることを意識しながらロングトーンなど指の動きが少ない練習をして慣れていくのが良いでしょう。







【サックスとfujiborn】
ネックコルクにグリスが馴染むまではしっかりと塗りましょう

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

演奏中は耳を使う

ジャズの演奏では各楽器がアドリブソロをしているとき、そのソロに合わせて他の楽器の演奏の仕方を変えます。
静かなソロはバッキングをしている人も静かに演奏し、ソロが盛り上がってきていたら段々とバッキングも派手にしていきます。
これは事前に打ち合わせをしているのではなく、その場その場で変わっていくソロのイメージを聞き取りながら演奏を変えますのでジャズのプレイヤーはいつも周りの音を注意深く聴いています。

「音をよく聴く」ことはジャズに限らず音楽にはとても重要なことです。

レッスンをしていると、多くの生徒さんが自分の音を出すことだけに一生懸命になります。
歌の生徒さんであれば音の高さのズレ、サックスの生徒さんでは音階の間違いや楽譜の長さのミスなど、そしてギターの生徒さんはコードの押さえ方の間違いや音がきちんと鳴ってない弦があることなどに気付かず演奏することがよくあります。

実際「そこの箇所がいつも間違えていますよ」と指摘しても本人は気付いていないことがよくありますので客観的に聴いて頂けるように録音をして聴いてみる、ということもしながらレッスンを進めています。

音を出すだけではなく自分の音をよく聴き、更には伴奏の音もよく聴くとなると、かなり余裕を持って演奏ができるようになる必要がありますが、そのくらいまで練習をすることは演奏の確実性が向上しますし演奏にとても自信が持てるようになりますので、例えば人前で演奏するとき緊張し過ぎる方は緊張の予防にもなります。

普段の練習から自分の音をしっかり聴きながら演奏することはとても美しい音色が出せる要因にもなりますので是非お試しください。







【サックスとfujiborn】
チューニングはウォーミングアップで楽器を温めてからしましょう

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

よく使うコードの覚え方を簡略化

ジャズでよく使うコードは

◯M7
メジャーセブンコード


それから、ツーファイブと呼ばれるマイナーセブンとセブンスコード
◯m7、◯7


そして、マイナーのツーファイブに使うマイナーセブンフラットファイブ。
◯m7(-5)

ハーフディミニッシュとも呼びます。


だいたいこの4種類です。
これに9th、11th、13thなどが引っ付いたりして見た感じ複雑になりますが仕組みがわかればそこまで難しくないことが理解できます。


では、よく使う4種類のコードについての覚え方を解説しますが、メジャースケールが理解できていることが前提です。


◯M7
最も基本的なコードです。
メジャースケールの1・3・5・7の音で構成されます。
CM7ならCメジャースケールの1・3・5・7ですからドミソシです。
EM7ならミ、ソ#、シ、レ#です。


◯7
ここからは全てメジャーセブンコードの変形です。
セブンスコードはメジャーセブンコードの7の音をフラットするだけです。


◯m7
セブンスコードの3の音をフラットします。
メジャーセブンコードから変形させる場合は3と7をフラットします。


◯m7(-5)
マイナーセブンスコードの5をフラットします。
メジャーセブンコードからの変形の場合は、3・5・7をフラットします。


レッスンでは実際にそれぞれのコードの構成音を演奏します。
生徒さんが上手く演奏できない原因は殆どの場合メジャースケールをきっちりマスターしていないことです。反対に、よく使うキーで構成されたコードについてはスムーズに演奏できることが多いです。

構成音をなかなか覚えられない時はメジャースケールに戻って覚え直しながら進めていくのが良いでしょう。







【サックスとfujiborn】
リードの取り付け位置が少し変わるだけで吹奏感がかなり違ってきます

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

移調のやり方の続き

12キーの画像を頭に入れて、それを使いながら音をずらしていけば移調ができるということを前回までに書きましたが、更に「メジャースケール」が理解できていればもっと便利です。

例えば、キーがCの曲をAに移調する場合、半音で3つ下げれば移調できます。この時、ファとドとソにシャープがつきます。これは、Aメジャースケールにはシャープが3つつくからです。
同様に、Eの曲をB♭にするには半音で6つ下げるかまたは半音で6つ上げますが、キーEでシャープが4つついていたものが、キーB♭でフラットが2つつきます。

移調の段階でシャープやフラットは自然とつきますがメジャースケールのそれぞれのキーにつくシャープやフラットの数がわかっていれば更にスムーズな移調をすることが可能です。






サウンドトレジャー向島教室、因島教室、新規入会受付中。

【サックスとfujiborn】
タンギングだけでも様々なニュアンスをつけることができます

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
ギャラリー
  • アルペジオの組み替え
  • アルペジオの組み替え
  • アルペジオの組み替え
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • オカリナ教室・新規入会受付中
  • 練習のやり方は気を付けましょう
  • フレーズの展開の例
  • フレーズの展開の例
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました