サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

2018年11月

フレーズの展開の例



今回はアドリブフレーズをよりジャズっぽいものに展開する譜例を紹介します。

キーはCメジャーで、コードがCM7の場合に一番適したフレーズですがダイアトニックコード内であれば使えるフレーズです。


まずこちらのフレーズ。
フレーズ1127-1


全ての音がCメジャースケールで構成されたフレーズです。
これでもアドリブとしては問題ありませんが、展開したものが次のフレーズです。
フレーズ1127-2


最初の音を裏拍から入り3連符を使いました。
3拍目からクロマチックでG音へアプローチしてG音からそのままF音へ下がらず16分音符で動きを付けることでビバップによく使われるフレーズになりました。
そしてE音からはクロマチックアプローチでG音へ。


このようにしてフレーズを展開することで、よりジャズらしいフレーズでのアドリブが可能になります。




【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/



米子と尾道、ありがとうございました



D959C0C2-3693-478E-AC1F-F3CA84EAFE1E


土曜日はベックス米子さんでライブでした。


ルーパーを2台使ってのオリジナル曲弾き語りをされました井上瞬也さん。
FD1361B1-1425-4450-ACAC-4BF142532FA6



ご夫婦でギターとボーカル、後輩がピアノを弾いて素敵なアンサンブルを聴かせてくださった「君ノ影二白」さん。
BC35712A-88DF-42A4-B524-9E49026123E3



フルート&ボーカルとキーボードのデュオで活動されている「輝空」さん。
4BEA0CD3-F0D9-433B-B0B4-52ABFCB738C8



僕はMISP(多次元即興的サックス表現)で出演させて頂きました。
お客様にも共演者さんにも楽しんで頂けて良かったです。
81EE8F86-043D-4BC2-98E6-CCB1B8B5E1C0


そして昨日は尾道を代表するピッツァの名店「トランクイッロ」さんでジャズ昭和歌謡ライブ。

感動的だったりトラブルが発生したりとバリエーション豊かなライブとなりました。

920BD2D6-7E24-449B-851F-7A63012AACE1


0F7BBC20-97F2-46E9-BDAA-FB5A8ACE70DC


【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


明日は米子でMISP

明日は米子のBEXXさんで演奏させて頂きます。

http://www.bexx.jp/?page_id=32


MISP(多次元即興的サックス表現)。
着物で出ます。

https://youtu.be/srJC4XGEyj4



【サックスとfujiborn】
初心者はまずしっかりと息を入れて大きな音で演奏しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


アドリブフレーズ作り方の実例

「スケールはわかった」
「コードの構成音もわかった」
「だけどフレーズはどうやって組み立てれば良いの?」


ということで
今回はⅡ-Ⅴ-Ⅰフレーズについて、簡単なフレーズから実際に使用できるフレーズへと展開していく方法を解説してみたいと思います。


サックスで演奏できる音域で解説しますがもちろん他の楽器でも使えます。


│ Dm7 │ G7 │ CM7 │

Cメジャーのツーファイブです。


まず簡単な楽譜から
四分音符


Dm7のルートから、Cメジャースケールで下降しています。
5拍目がちょうどG音になりますので、2小節目の頭はG7のルートになり、そこからまた下降です。
9拍目でちょうどC音になりますので3小節目の頭がCM7のルートです。

さて、これでは初心者のスケールトレーニングのようで格好良くありません。
せめて8分音符でないと・・・。


そこで次のフレーズです。
8分-1


先ほどのフレーズとあまり変わりませんが「2度下がって1度上がる」フレーズになっています。
8分音符を使うことでスイング感が表現できますね。

でも、これもスケールトレーニングではよく出てくる音の流れですね。


なので次。
あるぺぎお


ちょっと不規則な音の流れに感じるかもしれませんが、コードのアルペジオを使ったフレーズです。

アルペジオで、1小節目はDm7のルートから4音、7thから4音ずつ下がり、2小節目はG7のルートから4音、7thから4音下がっていますので、それぞれ同じパターンでアルペジオを演奏しています。
アルペジオを使うことでジャズっぽいフレーズになってきました。


ではもう少しジャズのテイストを入れてみましょう。
半音


まずDm7のルートから下降するのですが7thへ下がるのに半音を挟んで下がります。音としてはメジャー7thですがここでは7thへのアプローチノートとして。
次に5度、3度と下がって今度は9th(E音)へと進んでいますが単純にCメジャースケールで隣の音へ下がったと思ってください。ポイントはその次の音です。♭9thを入れています。この音がジャズっぽさをぐっと引き出してくれます。
それからまた3度へと上がり、次の小節(G7)へ。
ここも1小節目と同じパターンです。ルートから7thへ下がるのに半音を挟んでいます。それから5度、3度と下がって。
次は#9thとしてA#音、そしてA音。ここも理論的に説明をすると#9thから9thということになりますが、3度から2度へ下がるのに間の音を挟んでクロマチックアプローチにしたと考えれば良いです。あんまり難しく考えたくないのです。
最後は3度へまた上がって、3小節目のCM7のルートへと繋いでいます。


4種類のフレーズを例として解説しましたがいかがでしょうか?
4番目のフレーズに関しては少し複雑だったかもしれませんが、半音の動きを入れつつも1拍目と3拍目にコードに含まれる音を使っていれば余程のことがない限り変なフレーズになることはありません。
是非、チャレンジしてみてください。



【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


新規入会受付中

サウンドトレジャー音楽教室では随時生徒さんを募集しています。

尾道市向島教室
・サックス
・オカリナ
・アコースティックギター
・ギター弾き語り
・エレキギター
・ベース
・ボーカル

尾道市因島教室
・エレキギター
・アコースティックギター


よくお問い合わせを頂く内容

楽器を触ったことがなくても大丈夫です。
持ち方、音の合わせ方、楽譜の読み方など初歩からレッスンにて身につけることができます。

年齢は不問です。
ギターについてはミニギターを使うなどで対応。
サックスはある程度の息の力が必要ですが最年少では小学3年生で始められた生徒さんがいます。
演奏技術は年齢よりも自宅での練習量が反映されます。


無料体験レッスンも受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。



【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ギャラリー
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • オカリナ教室・新規入会受付中
  • 練習のやり方は気を付けましょう
  • フレーズの展開の例
  • フレーズの展開の例
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました