尾道市向島サウンドトレジャー
音楽教室(サックス・ギター・ベース・ボーカル・ジャズ理論)
☆生徒さん随時募集中☆

スケールから再びコードについての解説に戻ります。

今回は「マイナー・セブンス・フラットファイブ」
m7(-5)とか、m7(♭5)と表記します。

コードの名前は何だかややこしく感じるかもしれませんが、実はとても親切です。
例えば今回の「m7(-5)」について見ていくと・・・

「m」・・・メジャーコードの3度が♭して
「7」・・・それにスケールの7度が♭したものが重ねられ
「(-5)」更に5度が♭します

という感じでコードを見ることで情報がわかります。

それでは、m7(-5)の解説です。

Cm7(-5)
まずCのコードはC・E・G
mなので3度が♭してC・E♭・G
7度の♭が重ねられてC・E♭・G・B♭
5度が♭してC・E♭・G♭・B♭
これで完成。

m7(♭5)はジャズのマイナーの曲で多様されます。
m7へのⅡⅤⅠのⅡはm7(-5)です。


【サックスとfujiborn】
分散和音の練習はコードの響きを意識しながら

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/