布団から出れぬ。

荒れた海に船を漕ぎ出す
君に僕の気持ちを伝える
ウンコを素手で触る

それくらいの勇気と決断力を必要とする、冬の朝の布団からの脱出には時間がかかる為、小生はいつまでも布団の中でモゾモゾモゾモゾとしておるのだ。

唯モゾモゾとしている訳にもいかず、ついつい色々なことを考えてしまうのは当たり前のことで。
例えばグレイの口はかなり小さいのだからカラアゲを食べる場合には小さめに揚げたほうが良いのか或は揚げた後に小さく刻んで盛り付けたほうが良いのかとか。
そして一緒に食べる場合などはチビチビと食べるグレイのペースに合わせていたら小生はいつまで経っても満腹にならぬが、お客様を差し置いてバクバクと食べるのも何だか失礼かもしれないな。
といったことを考えるのである。

また、或る時は宇宙船を所有していたらなかなか便利であるが、小さめの、例えば日本の駐車場の規格に合うか或は携帯用としてポシェットなどに収納できるものであれば大変に使い勝手が良いではないかと思うのである。

瞬時に神戸、東京、九州、気仙沼、箱根と移動できるわけだから、芦ノ湖畔で朝食にアップルパイを食べてお昼は南京町で中華そばを食べ、おやつに中津のカラアゲ、夕食は気仙沼で豚ホルモンとマグロを食べながら男山を飲み、二次会として目黒へ行くということが可能なのである。
外泊は苦手であるから、自宅へ帰って寝るのだ。寧ろここが最高の利点かもしれぬ。

こうして布団の中で妄想をしているうちに何だか居てもたってもおられぬ気持ちになり、小生は布団から飛び上がるようにして起き上がると、殆ど口を半開きにして珈琲豆を挽き始めるのである。

梅が開花し春が待ち遠しくも、まだ冷え込みまする。そんな寒き朝故に。


【サックスとfujiborn】
スケール音を端から端まで使わなくても良いのです。それよりも思い浮かんだフレーズを音にすることのほうが重要。

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/