人生もそろそろ真ん中らへんになろうというのに、何かしらを他人と比較しようとしている自分を見つけた時というのは実にゾッとしてしまうのである。

比較することで安心してみたり、或は自分の才能の無さを見つけ出して諦めようとしてみたり。
どちらにしても元来そこまで競争心というものが備わっていない小生にとって他人との比較というのは実にくだらないものなのだ。
そんなことを考えている暇があるなら、美味しいカラアゲ探しのスケジュールを考えながらさっさと寝ればいいのにと、的外れなエゴ(或は衝動的思考といいませうか)を少々嘲笑うのである。

音楽などというものは競争で抜きんでているものが優れているというものではない。いや、優れたという表現が既に酷く馬鹿げておるのだが。
これは自論であるけども、音楽家は心に伝わる演奏、もっと言えば意識に訴えかける演奏を紡ぎだすべきであろうから、他人との技術レベルの比較であるとかそういった表面的に理解できるようなレベルで思考していたのではいつまで経っても進歩などないのである。

どうすれば自分の意識レベルにおける感情を脳へと伝え、それを音として表現できるかを磨くのが真の音楽家である。つまり心をよりオープンにした状態で演奏できるようにするにはどうすれば良いかということを日々考え日々鍛錬していくのだ。

「あなたはあなた、そしてわたしはわたし」
「ゆうべはゆうべ、そして今夜は今夜」
パッパッパヤッパの姉さんも歌っているよ。


【サックスとfujiborn】
出したい音のイメージが明確になるほどサックスはきれいな音を出してくれます

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/