お店にご来店される方の中には小生よりも楽器に詳しい方もいらっしゃる。それは小生もお勉強になるので良いのだが、中にはインターネッツで調べたことが全て正解だと思っておられる方がおり、これは少し厄介な場合がある。
確かにインターネッツで調べれば広く情報を得ることはできるのだが、大半は個々の好みによる見解だったりするので正しくない情報もございますのだ。

例えば小生のように楽器販売をしている店のお客様が使うのが「初心者用の楽器」という言葉。
これはインターネットでの楽器販売によく使われている言葉なのだが、何が初心者用なのかというと価格である。
「初めて楽器を買われる方に手の届き易い価格ですよ」というのが「初心者用の楽器」なのだ。

例えばギターであれば3~5万円のものよりも15万円くらいのほうがあまり力を入れずに演奏できるし、30~40万円のギターはFやBmなど初心者には難しいとされるコードも安価なものよりも少ない力できれいに鳴ってくれるのである。
演奏のし易さと音の良さで言えば30~40万円の楽器のほうが初心者用である。

サックスも同様である。サックスの平均価格帯は凡そ20~45万円。しかし最近では「初心者用サックス」として5万円程度でサックスを演奏するのに必要なものを揃えることができる。
勿論、演奏も練習さえすればできるようになるのだが、音のコントロールが難しかったり息を入れるのが難しかったりと、平均価格帯のものと比べると演奏しにくいのでどちらかというと「経験者向け」なのである。

しかしながら、趣味の道具として最初から20万円の楽器を購入するのもなかなか度胸のいることだから、小生は39800円のサックスを販売する際にはちょいと改造を加えてなるべく演奏しやすいコンディションに仕上げてからお渡ししている。

様々な専門家とお話をしていて共通するのが「本当に大切なことはインターネッツ上には公開されていない」ということ。
専門書であるとか現場で直接であるとか、そういった方法でしか得られない情報が沢山あるのだ。
どんなジャンルの情報でもお気軽に調べることができるインターネッツ。でもそれは「お気軽レベル」の範囲内でしかないことを理解しておくべきである。


【サックスとfujiborn】
楽譜を見て練習をする。1度目で間違えた箇所を2回目は絶対に間違えないように気をつける。ただこれだけで飛躍的に習得が早くなります。

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/