image=偶像、姿、観念、心に描く、想像する

一つの曲を演奏するにあたり、その曲のimageを自分の中に形作るというのはとても大切なことです。

プロミュージシャンの演奏のコピー譜を購入して演奏してみて、楽譜通りに演奏はできたもののCDと同じようにならないのは何故だろうかと疑問に思ったことはないでしょうか?
なぜこのようなことが起こるのかと言いますと、これは「ニュアンス」の問題なのです。

中級者以上の方が意識するべきことは「楽譜は音の流れのガイドである」ということ。
楽譜は音の流れを順番に図式化したものであり、それをそのまま演奏しただけでは表現しきれないということを意識しなければなりません。

一つひとつの曲には作曲した人の意思があり、そのためにタイトルがあります。
そして、その意思に沿って演奏をしますから単に音が順番に変わっていくだけではなく、それぞれの音にニュアンスがつけられていきます。
頗る簡単に例を示しますと、リズミカルな曲やタイトな曲は一つひとつの音がはっきりするよう、スタッカート気味に演奏されていますし、バラードや柔らかい印象の曲は滑らかさを表現するようにレガート気味に演奏されています。

1曲を全体的にスタッカート気味、又はレガート気味に演奏しているわけではなく、ある部分ではスタッカート気味・ある部分ではレガート気味、といった具合に表現方法が変化している場合が殆どですから、これは何度もオリジナルの演奏を聴く必要があります。

ここから発展していきますと、今度は個々の表現方法へと変わっていきます。
或る曲に対するあなたが抱くimageをなるべく忠実に演奏で表現することができれば、既存の曲にあなたの個性が生かされ、オリジナリティーのある演奏へと変化してゆくのでございます。


【サックスとfujiborn】
サックスの音の発生源はリードです。いつまでも古いのを使わず、新しいものに取り換えましょう。

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/