仕事柄、朝は遅くまで寝ていてもこれといって差し支えることはないのだが、心の健康のため早寝早起きのスタイルを維持するよう心掛けている。

数日前までアラームをセットせずに起きるということを2週間ほどやってみたのだが、どうやら小生にとってアラームはあまり意味がなかったのである。何故なら、アラームに合わせて起きるということが殆どないからだ。

通常の場合であれば、アラームが鳴る10分程前に目覚める。疲れが溜まってくるとアラームに起こされ、アラームを止めて目を閉じると30分程タイムワープをしているのだ。これもまた少々不思議でいかんということでスヌーズなどセットしてみると、今度はスヌーズさんに何度もタイムワープを阻まれ、これもまた気に入らぬのだ。

いつしか小生はアラームに妙な闘争心を抱いてしまい、最近では「確実にアラームよりも前に起きる」というのが習慣になってきた。そのように意識している訳でもないが、体が勝手にアラームと競っているのだ。

アラームに勝つには眠りに入るスムーズさとスピードが決め手である。
眠りの師といえば、もしもボックスを利用することで開催されたネムリンピックで見事に優勝した野比のび太先生に他ならない。
彼のように見事なスリープインを目指すべく、先ずは頭の中を常に空っぽにする訓練をしてみようと思う次第なのだ。


【サックスとfujiborn】
サックスの組み立て・分解時はマウスピースキャップを装着しましょう

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/
◆フヂヲカリー研究所メールマガジン
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on