将軍には誰も逆らうことはできない。
奇襲攻撃であり無敵である。

先ず弓足軽が来る。
少々様子を伺いながら、「これはまだいける」と油断してしまいがちであるが、既に将軍は近付き始めているのだ。
次に鉄砲足軽が来る。
警戒し始めるものの、まだ心には余裕がある。
そして槍足軽。
将軍はかなり近付いている。こうなってはもう油断どころか準備をしないと手遅れである。

幾らかの時間が静寂と共に過ぎ去り、予想のできないタイミングで将軍が腰を上げる。
時既に遅しである。将軍が動き出してはもう抵抗などできない。寧ろ抵抗すればする程に軍勢は激化していくこと間違いなしなのだ。
こうなると冷静さを失うことは当然であり、人は青白い顔と虚ろな目付きで只ひたすらに御手洗を探し、或いは座ったまま額に汗を浮かべ此処最近の懺悔を繰り返すのである。

お腹に潜む下痢将軍。
暑い時期は冷たいもので内臓が弱りがちですから御気を付け下さいませ。


【サックスとfujiborn】
演奏を楽しむために練習をする

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/
◆フヂヲカリー研究所メールマガジン
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on