サックス奏者として、音楽教室の講師として。
ではなく恐らく人としてサックスが大好きである。

大好きなことは人に薦めたくなる。
美味しいレストランや素敵な観光地を熱く説明するのに似ているかもしれない。
「そりゃもうとんでもなく素晴らしいぞ!」と、きっと鼻息をンッフンフフッフーンと荒くしながら、そして額に汗を掻きながら話しているだろう。

サックスの体験レッスンの時は頗るワクワクする。
サックスを初めて手にした人の顔はどれも同じで、初めて見るオモチャを手にした子どものような表情になるからだ。

体験レッスンは淡々と進める。
ここでサックスの素晴らしさを説明するのは野暮である。指でキーを押さえてマウスピースから息を吹き込み音を出す。これだけで楽しくて堪らない筈なのだ。
実際、小生が「終わりましょう」と言うまでお客さんのほうからサックスを手放すことを希望されたことはまだない。

大好きなサックスに興味を持って頂けることはとても嬉しい。
そしてそれを「自分でも演奏できるようになりたい」と思って頂けることは頗る嬉しいのだ。


【サックスとfujiborn】
ストラップで高さをしっかり調整しましょう。姿勢良く演奏することが重要です。

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/