サウンドトレジャー向島教室、因島教室、入会受付中。


音楽教室で習い始める生徒さんは初心者だけでなく、ある程度独学でやってこられた方も多くおられます。
そのような方が作曲やジャズのレッスンを始めた時につまづいてしまうカテゴリーとしてスケールやコードでの音の使い方が挙げられます。

例えば、CM7のコードで使えるスケールとしてパッと浮かぶのはCメジャースケールですが、Gのキーの中でのCM7はサブドミナントなのでスケールはGメジャースケールの4番目のC音から始まるスケールなのでファが#するリディアンスケールになりますが、独学で習得したことと辻褄が合わないとなかなか飲み込むことができないようです。
独学の場合、全てのキーを学習する前に他の理論を先に知りたいため、どうしてもCメジャースケールをメインで考えてしまいがちです。

なので、レッスンではまず全てのキーでのスケールを勉強し、例えばドはドでもスケールの中で4度(Gメジャースケール)になったり5度(Fメジャースケール)になったり2度(B♭メジャースケール)になったりと、キーが変わることによる役割の変化を理解できるようにしています。

音楽はとても規則的にできている部分が沢山あるので、理解してしまえばとても簡単になりますが「理論」と聞くと難しそうですし「スケール」「コード」「トニック」「ドミナント」などの専門用語も出て来るとますます混乱しがちですからレッスンする側の僕は音楽に対する既成概念や先入観をなるべくなくしてできるだけ容易に理解して頂けるように色々工夫しながらやっています♪







【サックスとfujiborn】
ストラップでサックスの高さをきちんと合わせましょう

◆オンラインレッスンもやっています
お問合せ:treasure.hunter.inoue@gmail.com
◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)