サウンドトレジャー向島教室、因島教室、新規入会受付中。


初級レッスンで新しい曲を始めたときによく起こるのが、簡単なフレーズなのにやたらと間違えてしまう・楽譜が急に読めなくなる、の2つです。

僕が教室を始めた頃には「そんなこたぁないだろう」と思っていたのですが、実はそんなこたぁよくあることで、多くの生徒さんがハマってしまうのが上記の2つです。

それで、何故そういったことが起こるのか分析してみました。


1つ目は、先へ進もうと焦る。
これは特に、知っている曲の場合によく起こります。
知っている曲なので早く進みたくて楽譜を早く読み進めてしまい、結果として今見るべき音符よりも先の音符へ目が行ってしまって音を間違えるというもの。

2つ目は、楽譜を一気に読もうとする。
例えばサックスの場合は一度に出せる音は1つですので、1つの音符の音を出したらその次の音符、そしてまた次の音符、と進めていきますが小節全体または八分音符4個分くらいをひとまとめに捉えてしまい、その結果1つひとつの音程が読めなくなる、という現象が起こります。


このようなことを防ぐために僕がレッスンでやっているのが、

1.まず楽譜の音を順番に出す。簡単な曲なら段ごとに、音数がおおい曲なら小節ごとにします。

2.次に、音符の長さに関係なく順番通りに音を出す。

3.それができたらリズムに合わせて、それぞれの音を音符の長さで出す。


このやり方で短期間で殆どの曲は演奏できるようになります。
それでも間違えてしまう場合は、楽譜を読むのが追いついてないか指の動きが追いついてないのでテンポを落として練習しましょう。


どんな曲でも「楽譜の最初の音を出す、そしたら次の音を出す、そして次の音を出す」というシステムは変わりませんから難しく考えずにシンプルに捉えていきましょう。







【サックスとfujiborn】
演奏中の姿勢が猫背にならないように。サックスは格好良く構えましょう。

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)