レッスンを受けていても受けていなくても上達に繋がる練習です。


曲の練習であれば日々の練習の中でその曲が楽譜通りに演奏できるようになれば上達したり達成感を得たりすることができますが、そこから先、例えば曲の表現やアドリブの練習となると楽譜の練習以上の内容になりますので上達や達成感を感じるのが少し難しくなります。

既に演奏できる曲を繰り返し練習する中でも表現について習得する場合はありますが、それは偶然の発見だったりします。

アドリブの場合は楽譜がありませんから、楽譜の練習と同じ感覚で練習することは困難です。


そこで、目的を持って練習をすることが必要です。

曲の練習であれば、その曲をどんな風に演奏したいのか、優しく演奏する部分や力強く演奏する部分を自分なりに設定し、そのイメージ通りの表現ができるように練習をします。

アドリブの練習であれば、ワンコーラス全体をただアドリブ演奏するだけではなく、ツーファイブのフレーズ、スケールの使い分けなどに絞り込んでいくことで細かい設定ができます。その結果どのような目的で練習をすれば良いかがわかります。


このような練習を繰り返しているうちに以前とは明らかに違うくらいにレベルアップしていることを実感できる瞬間が来ます。


中級〜上級者になってくると技術の上達が実感しにくくなってきますがその理由の1つに、目的を絞り込んでいないために上達している箇所に気付けていないというのがあるのです。







【サックスとfujiborn】
楽器を格好良く構えることも上達です

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/