ライブ中の自分の心理状態はそのままお客様の心理状態と結びつきます。

「一生懸命に演奏する」と文字にすると一見とても良いことのように感じるかもしれませんが、一生懸命になり過ぎて力の入った演奏はお客様も力が入ってしまいますので音楽を楽しめる状態から離れてしまいます。


10年ほど前、僕がプロサックス奏者として活動を始めて間もない頃はライブ中どうしても力が入ってしまってました。

「上手いと思われたい」
「いいとこを見せたい」
「目立ちたい」

今思えばどうにも恥ずかしい考えを持っていました。

こんな気持ちで演奏していれば力は抜けませんし、楽しめませんし、ミスも増えてしまいます。


ある時ふと思ったのが「誰よりも楽しみながらライブをしよう」ということです。

できる範囲で自分の演奏をし、余裕の持てる範囲内でソロをする。


このような考えでライブに取り組むようになってから、演奏レベルが上がっていくのを自分でも実感できましたし、共演者やお客様からも「前より良くなった」と毎回のように言って頂けるようになりました。


練習は一生懸命
本番は楽しく



演奏はスピーチと似ています。

熱くなり過ぎる人の話よりも穏やかに話す人の話のほうがリラックスして長い時間聞けるのと同じようなものだと僕は思うのです。










【サックスとfujiborn】
速いパッセージほど音色を重視しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/