サックスを吹き始めて少し慣れてくると、ストラップの長さ調整が適当になる人が多いように感じます。
一応音は出るので気にすることではないと思うかもしれませんが、ストラップの長さ調整はとても大切です。

長さが変われば当然サックスの高さが変わります。
短ければ顔が上に向いてマウスピースをかなり斜めに咥えることになり、キンキンした硬い音になってしまいます。
反対に、長くなるとサックスの位置が低くなり、顔を前に突き出す形になります。併せて背筋も曲がりますからブレスも十分に吸うことが難しくなります。


肩幅くらいに足を開き、背筋を伸ばして顔は真正面に向いて、目線は遠くを見る感じで。
その姿勢で口を開けたところにマウスピースが真っ直ぐ入って来るようにストラップを調整しましょう。

顔の位置をコントロールするのではなく、サックスの位置をコントロールするというのを毎回意識して、正しいポジションで演奏できるようにしましょう。





【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/