洋楽は裏拍から入るフレーズが多いです。

ジャズはスイングの裏拍。

ファンクやフュージョンは16ビートの裏拍。


裏拍はスピード感やノリを出すのにとても重要です。


裏拍を感じる練習方法は
◆膝の曲げ伸ばしでリズムを取る
◆頭の上げ下げでリズムを取る。

どちらも体全体でリズムを感じていることが前提です。


膝の曲げ伸ばしでリズムを取るとき、膝を伸ばすときが裏拍です。
頭で取る場合は頭が上がるときが裏拍です。


メトロノームに合わせて体でリズムを取りながら先ずは表拍で手拍子をします。膝の動きまたは頭の動きをしっかりと意識します。

膝の伸びる感覚、頭の上がる感覚が掴めてきたら今度はメトロノームに合わせて裏拍で手拍子をします。手拍子と体の動きをしっかり感じましょう。

タン、タン、タンではなく、ンタ、ンタ、ンタという風にアクセントが後ろへ来るのをしっかりと感じれるようになってきたら裏拍を掴み始めています。


トレーニングを重ねることで意識しなくても裏拍がわかるようになり、演奏中でもきちんと裏拍を使えるようになります。
日々の楽器の練習と合わせて是非やってみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KR MINI コルグ リズムボックス KORG [KRMINI]【返品種別A】
価格:4920円(税込、送料別) (2018/7/9時点)




【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/