サウンドトレジャー音楽教室 新規入会受付中
2018年8月〜オカリナレッスン開講


弾き語りのレパートリーを増やしていた時期に「なんでこんなややこしいコードを使うんだ!」と、かなり苦手だったコードが「マイナーセブンフラットファイブ」です。

名前もややこしいですがギターで押さえるフォームもややこしかったので慣れるまで大変でした。

でも慣れてくるとこのコードの響きの不安定さが心地よくなり、ポップスではここぞという時に登場するコードの1つです。

ジャズスタンダードでは、マイナーコードへ解決する「マイナーツーファイブ」のきっかけになるコードで、スタンダードであれば「マイナーセブンフラットファイブ」コードが出てきたら「マイナーツーファイブ」がある、と考えても良いくらいで、ジャズスタンダードには頻繁に使われます。


構成の説明です。

Cm7(-5) → 「C」を基準にした「m」マイナーの3和音で「7」セブンスの音が加えられて「(-5)」5度がフラットします、という構成。

なので、Cm7(-5) は、ド、ミ♭、ソ♭、シ♭

「m7コードの5度がフラットする」と覚えておくと良いでしょう。


同様にして

Am7(-5) → ラ、ド、ミ♭、ソ

F♯m7(-5) → ファ♯、ラ、ド、ミ

E♭m7(-5) → ミ♭、ソ♭、ラ(シ♭が更にフラットしたと考えるのが理論的には正しいですがあんまり気にしなくていいと思います)、レ♭


マイナーセブンコードとの響きの違いを実際の音で認識できるように聴き比べてみることをおすすめします。


【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確さを重視しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/