スケールは使い分けられるようになったしアドリブもそれなりにできる。でもジャズっぽいアドリブにならない。

レッスンではこんなお悩みを持つ生徒さんが結構います。


「ジャズっぽいアドリブ」
には仕組みがあります。

その中でもサックス奏者がマスターすべき音の使い方としてアルペジオが挙げられます。

スケールの上昇と下降でのフレーズはどうしてもクラシック的になります。
そして音の動きも範囲が狭くなりますからダイナミクスに欠けた聴こえ方になります。


アルペジオを使うことにより、音の動きが大きくなると共にフレーズ自体にコード感が出ます。
ベースやピアノのバッキングでコードは鳴っていてもアドリブにコード感が全くないと曲の進行を感じにくいアドリブソロになってしまうのです。

ジャズのアドリブではコード感を出すことがとても重要なのでアルペジオをしっかり使うことはそのまま「ジャズっぽいアドリブ」を構成することに繋がるのです。



【サックスとfujiborn】
タンポがベタつくときはパウダーペーパーで手入れしましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/