今日はレッスンスケジュールに余裕があったのでジャズの生徒さん用にフレーズのサンプル楽譜を作りました。


アドリブを練習するのに先ずは必ずといっていいほどアドリブ譜を練習するでしょう。
そしてコピーできたら自分のアドリブに取り入れて演奏すると思いますが、ここで気を付けたいことがあります。

僕自身もチャーリー・パーカー、アート・ペッパー、ソニー・スティットなど代表的なプレイヤーのフレーズをコピーしてきました。
で、始めはコピーしたフレーズをそのまま使うのですがアドリブ中で繰り返し使ううちに変化してきます。

自分の心地良い音の流れというか、何だかいい感じに演奏できる形に変化するのです。


これを「間違い」と捉えずに「自分の体に馴染んだ」と捉えましょう。

アドリブはプレイヤー個々の表現です。
コピーしたフレーズがすっかり別物になってしまっても構いませんし、これこそがあなた自身のフレーズと言えるからです。


アドリブにはコピーや理論も当然必要ですが、遊び心やチャレンジ精神も大切です。

そうやって音を楽しむことでまた新たなアイデアが浮かんできます。



【サックスとfujiborn】
いつも同じ姿勢で楽器を構えることも上達です

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/