今回はアドリブフレーズをよりジャズっぽいものに展開する譜例を紹介します。

キーはCメジャーで、コードがCM7の場合に一番適したフレーズですがダイアトニックコード内であれば使えるフレーズです。


まずこちらのフレーズ。
フレーズ1127-1


全ての音がCメジャースケールで構成されたフレーズです。
これでもアドリブとしては問題ありませんが、展開したものが次のフレーズです。
フレーズ1127-2


最初の音を裏拍から入り3連符を使いました。
3拍目からクロマチックでG音へアプローチしてG音からそのままF音へ下がらず16分音符で動きを付けることでビバップによく使われるフレーズになりました。
そしてE音からはクロマチックアプローチでG音へ。


このようにしてフレーズを展開することで、よりジャズらしいフレーズでのアドリブが可能になります。




【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/