サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

音楽教室

練習のやり方は気を付けましょう



72DD9C3F-376B-447D-B62D-72303E069071


楽器を始めてすぐの頃というのはよほど雑な性格でない限り練習のやり方は丁寧です。

これが、ある程度慣れてきて色々な曲を演奏できるようになってくると練習のやり方で上達に差が出るようになってきます。


◆3回のうち2回間違えれば間違えたほうが身につく

楽器の操作は脳と指の連携です。
頭ではわかっていても指がそうではない動きをすれば間違った指の動きが優先してインプットされます。そのまま続けた場合、やればやっただけ間違えた演奏をマスターすることになります。


◆練習するターゲットを絞り込む

間違えてしまうのには原因があります。
楽譜の広い範囲で練習すると同じ箇所をミスする確率が高いままです。
間違えずに演奏できる範囲まで練習箇所を絞り込みましょう。


◆テンポを落とす

レッスン中に生徒さんが練習する様子を観察しますが殆どの生徒さんはミスが重なるのと並行してテンポが速くなります。
講師が見ているので緊張するためか、なかなかマスターできず焦るためかテンポがどんどん速くなり益々ミスしやすくなっていきます。

ミスしやすい箇所は「極端にテンポを落として正確に演奏する」ということを繰り返しながら徐々にテンポを上げていきましょう。


例えばレッスンとレッスンの合間1週間の間に全くマスターできなかった部分がレッスン中の30分、早ければ15分程度でマスターできた、ということはよくあります。

ある程度の演奏レベルになると、練習を「曲全体」と捉えてしまい、ミスの訂正や正確さといった部分に意識が向きにくくなってきます。

その自覚があればまだ良いのですが多くの場合、ミスが直っていないにも関わらず曲をひと通り演奏することで完成したように錯覚してしまいがちです。


ミスする箇所を早い段階で直す、演奏を録音する、などして自分の演奏を客観的に聴く癖をつけておくことも効果的な練習には不可欠です。


【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


フレーズの展開の例



今回はアドリブフレーズをよりジャズっぽいものに展開する譜例を紹介します。

キーはCメジャーで、コードがCM7の場合に一番適したフレーズですがダイアトニックコード内であれば使えるフレーズです。


まずこちらのフレーズ。
フレーズ1127-1


全ての音がCメジャースケールで構成されたフレーズです。
これでもアドリブとしては問題ありませんが、展開したものが次のフレーズです。
フレーズ1127-2


最初の音を裏拍から入り3連符を使いました。
3拍目からクロマチックでG音へアプローチしてG音からそのままF音へ下がらず16分音符で動きを付けることでビバップによく使われるフレーズになりました。
そしてE音からはクロマチックアプローチでG音へ。


このようにしてフレーズを展開することで、よりジャズらしいフレーズでのアドリブが可能になります。




【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/



新規入会受付中

サウンドトレジャー音楽教室では随時生徒さんを募集しています。

尾道市向島教室
・サックス
・オカリナ
・アコースティックギター
・ギター弾き語り
・エレキギター
・ベース
・ボーカル

尾道市因島教室
・エレキギター
・アコースティックギター


よくお問い合わせを頂く内容

楽器を触ったことがなくても大丈夫です。
持ち方、音の合わせ方、楽譜の読み方など初歩からレッスンにて身につけることができます。

年齢は不問です。
ギターについてはミニギターを使うなどで対応。
サックスはある程度の息の力が必要ですが最年少では小学3年生で始められた生徒さんがいます。
演奏技術は年齢よりも自宅での練習量が反映されます。


無料体験レッスンも受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。



【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


自分の音を覚える

「自分が出したいサウンド」
「自分のいつも通りの音」

これを耳で覚えておくことはとても大切です。
楽器だけでなく歌でも同じです。


音楽教室に来られている生徒さんは学校やお仕事が多忙で練習できないことが数日続いてしまうこともあるようです。
そんな時も当然あると思いますが問題なのはその後。

音のクオリティーが大きく下がる場合があるのです。


サックスの場合はアンブシュアが崩れる。
ピーピー鳴ったり音が酷く汚かったり。

ほかの楽器でも同様のことが起こります。


練習できないことが続いてしまった時、なるべくスムーズに回復するために必要なのが自分の音を覚えておくことです。
演奏を録音したものを参考にするのも1つの方法です。
でも、できれば頭の中で良い音をしっかり記憶し、自分の音のイメージを常に持っておくようにしましょう。

そうすることで練習・本番に関係なく、いつも良い音を出す習慣が身につきます。



【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


楽譜は地図のようなもの

「楽器をやるのに楽譜は読めたほうがいいですか?」
という質問を受けることがあります。

結論から言うと
「読めなくてもいいけど読めたほうが楽しい」です。


例えばサックスの楽譜だと




このシリーズは模範演奏の音源が付属してありますので音階だけわかれば、あとは模範演奏をコピーすることで楽譜通りに演奏ができます。


ですが




このシリーズは伴奏音源だけですので楽譜が読めることが必要になります。
それだけではなく、イントロの長さも楽譜から把握しないと曲に入ることができません。


楽譜は地図のようなものです。
メロディーの出だしがスタート地点で終わりがゴール地点。その経路を地図に書いてあるといったイメージです。

地図をよく理解している人が地図を見ながら色々なことをイメージできるのと同じように、楽譜が読めることで実際に演奏をする前から曲のイメージを掴むことができます。


また、楽譜にはキーや和音など多くの情報が表記されていますから、楽譜を読めることはその曲への理解が深まることにも繋がります。


【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ギャラリー
  • アルペジオの組み替え
  • アルペジオの組み替え
  • アルペジオの組み替え
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • オカリナ教室・新規入会受付中
  • 練習のやり方は気を付けましょう
  • フレーズの展開の例
  • フレーズの展開の例
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました