サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

楽器

フレーズは大切に

ツーファイブフレーズやビバップフレーズなど、アドリブを勉強する中でフレーズの練習は欠かせません。


では実際にそのフレーズ、使えてますか?

◆覚えたけど曲になると上手く入れられない
◆曲になると間違えてしまう
◆覚えたフレーズに合ったキーの曲がレパートリーにない

フレーズを使えない理由に上のことが当てはまる方は多いのではないでしょうか?


アドリブをしている最中にフレーズを突然入れるにはかなりの練習が必要ですから、まずはどこにフレーズを入れるか前もって決めておきましょう。

もしフレーズの音を間違えてしまうようなら、もう少し練習が足りません。勝手に指が動くくらいまで体に覚えこませる必要があります。

フレーズは12キーでマスターするのが鉄則のように解説している教則本もありますが、ジャズスタンダードの場合、実際に使うキーは割と限られています。アドリブをする曲に合うキーに絞り込んでから移調して練習しましょう。
しかし、ある程度上達してきたら12キーでの練習をオススメします。


覚えたフレーズはいつでも確実に演奏できるようになるまで練習しましょう。色んなフレーズを覚えていても、どれもあまり正確ではないというのは聞き苦しいものです。
シンプルなフレーズ、いつも同じようなフレーズだったとしても、正確に綺麗な音で演奏できることがとても大切です。また、そうやって身に付けたフレーズを大切に演奏することが習慣になることで、覚えたフレーズが増えていった時、バリエーション豊かで美しいアドリブができることに繋がっていきます。

アドリブは知識と技術の積み重ねです。
焦らず地道に取り組んでみましょう。



【サックスとfujiborn】
初心者はまず息をしっかり吹き込んで大きな音を出しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


楽器の練習は植物を育てるようなもの

「なんかコツありますか?」
と、社会人の生徒さんからこんな質問をよく受けます。


コツは沢山ありますが、コツの役立ち加減と練習量は比例しています。

コツ自体の効果は理解できてもそれを、ギターやベースなら指先、サックスであればアンブシュアなどに活用するにはコツを体に伝えられるだけの練習をしなければなりません。



「結局練習かよ」と思うかもしれませんが、

結局練習です。



植物を育てるのに似ています。

最初のうちは成長がわかりやすいんですが、芽が出てから徐々に育っていくのと同じようにそこからがなかなかわかりにくいんです。

毎日見ていても微々たる成長なので、本当に育ってるのか?と思うのと同じくらい、本当に上達してるのか?と思ってしまいがちです。


FもBmも音が出ない

指が上手く動かない

ツーファイブのフレーズが入らない


すぐに形にはならなくても、日々の練習で少しずつ上達はしています。
やろうとしていることに到達できないと全然進歩してないように感じますが、実は進歩していて突然できるようになるのが楽器の面白いところ。



「できないからやめたー」

と言う人もいますが、実際のところは「育ってはいたけれど、花が咲く前に栽培を諦めた」といった感じなのです。


自分1人で練習しているとそういった僅かな成長に気付きにくいので、レッスンに通うなどして客観的に進歩を指摘してもらうのも上達のためには欠かせない方法です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サックス アルトサックスで吹く イベントお役立ち定番曲集
価格:2700円(税込、送料無料) (2018/6/7時点)




【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/







ペンタトニックの練習はメジャースケールと併せて

メジャースケールの4度と7度を抜けばメジャーペンタトニックスケールになる。

という話ではありません。


ペンタトニックスケールをマスターしてアドリブをすると必ずと言って良いほど4度と7度が出なくなります。
レッスンでもペンタトニックを使う場合は2コーラスのアドリブ中、1コーラスではペンタトニックを使い2コーラス目はペンタトニックを使わないようにしてメジャースケール又はナチュラルマイナースケールをメインにしたアドリブをするというルールでやっています。

しっかりと使い分けができるまではペンタトニックから抜け出せなくなる生徒さんが割と多いのです。


ブルースであればペンタトニックで押し通しても寧ろブルースっぽくて良かったりするのですが、スタンダードジャズのアドリブでペンタトニックを多用するとコード感がなくなります。ツーファイブの流れやメジャーセブンスコードの響きに対してはやはりメジャースケールが必要となります。

特に、メジャーの7度・マイナーの6度はスケールの美しさが印象付けられる音なのでたかが1音ですがかなり重要です。


アドリブにペンタトニックを取り入れるときは意識してメジャースケール、ナチュラルマイナースケールもきちんと使うように気を付けましょう。







【サックスとfujiborn】
演奏中に周りでどんな楽器が鳴っているか聴く余裕を持てるまで練習しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

ライブ中は力を抜く

ライブ中の自分の心理状態はそのままお客様の心理状態と結びつきます。

「一生懸命に演奏する」と文字にすると一見とても良いことのように感じるかもしれませんが、一生懸命になり過ぎて力の入った演奏はお客様も力が入ってしまいますので音楽を楽しめる状態から離れてしまいます。


10年ほど前、僕がプロサックス奏者として活動を始めて間もない頃はライブ中どうしても力が入ってしまってました。

「上手いと思われたい」
「いいとこを見せたい」
「目立ちたい」

今思えばどうにも恥ずかしい考えを持っていました。

こんな気持ちで演奏していれば力は抜けませんし、楽しめませんし、ミスも増えてしまいます。


ある時ふと思ったのが「誰よりも楽しみながらライブをしよう」ということです。

できる範囲で自分の演奏をし、余裕の持てる範囲内でソロをする。


このような考えでライブに取り組むようになってから、演奏レベルが上がっていくのを自分でも実感できましたし、共演者やお客様からも「前より良くなった」と毎回のように言って頂けるようになりました。


練習は一生懸命
本番は楽しく



演奏はスピーチと似ています。

熱くなり過ぎる人の話よりも穏やかに話す人の話のほうがリラックスして長い時間聞けるのと同じようなものだと僕は思うのです。










【サックスとfujiborn】
速いパッセージほど音色を重視しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

目的を決めて練習をする

レッスンを受けていても受けていなくても上達に繋がる練習です。


曲の練習であれば日々の練習の中でその曲が楽譜通りに演奏できるようになれば上達したり達成感を得たりすることができますが、そこから先、例えば曲の表現やアドリブの練習となると楽譜の練習以上の内容になりますので上達や達成感を感じるのが少し難しくなります。

既に演奏できる曲を繰り返し練習する中でも表現について習得する場合はありますが、それは偶然の発見だったりします。

アドリブの場合は楽譜がありませんから、楽譜の練習と同じ感覚で練習することは困難です。


そこで、目的を持って練習をすることが必要です。

曲の練習であれば、その曲をどんな風に演奏したいのか、優しく演奏する部分や力強く演奏する部分を自分なりに設定し、そのイメージ通りの表現ができるように練習をします。

アドリブの練習であれば、ワンコーラス全体をただアドリブ演奏するだけではなく、ツーファイブのフレーズ、スケールの使い分けなどに絞り込んでいくことで細かい設定ができます。その結果どのような目的で練習をすれば良いかがわかります。


このような練習を繰り返しているうちに以前とは明らかに違うくらいにレベルアップしていることを実感できる瞬間が来ます。


中級〜上級者になってくると技術の上達が実感しにくくなってきますがその理由の1つに、目的を絞り込んでいないために上達している箇所に気付けていないというのがあるのです。







【サックスとfujiborn】
楽器を格好良く構えることも上達です

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/
ギャラリー
  • よりお手軽にスパイシー
  • よりお手軽にスパイシー
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 6月のライブスケジュール
  • 6月のライブスケジュール
  • トランクイッロでのライブ