サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

楽器

楽譜は地図のようなもの

「楽器をやるのに楽譜は読めたほうがいいですか?」
という質問を受けることがあります。

結論から言うと
「読めなくてもいいけど読めたほうが楽しい」です。


例えばサックスの楽譜だと




このシリーズは模範演奏の音源が付属してありますので音階だけわかれば、あとは模範演奏をコピーすることで楽譜通りに演奏ができます。


ですが




このシリーズは伴奏音源だけですので楽譜が読めることが必要になります。
それだけではなく、イントロの長さも楽譜から把握しないと曲に入ることができません。


楽譜は地図のようなものです。
メロディーの出だしがスタート地点で終わりがゴール地点。その経路を地図に書いてあるといったイメージです。

地図をよく理解している人が地図を見ながら色々なことをイメージできるのと同じように、楽譜が読めることで実際に演奏をする前から曲のイメージを掴むことができます。


また、楽譜にはキーや和音など多くの情報が表記されていますから、楽譜を読めることはその曲への理解が深まることにも繋がります。


【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


曲のキーを探す練習

ジャズの楽しいところ(慣れるまでは難しいですが…)は曲の中でキーが変わるところです。

Cメジャーの曲なのに途中でE♭メジャーの部分があったりFメジャーのツーファイブの小節があったりするのが楽しいです。


このようなキーが変わる部分をコード進行を見ることで発見することは理論の勉強になりますから大切ですが、レッスンではコード進行や楽譜を見ずに耳で探すということもやっています。

始めからジャズでそれをするのは少し難しいのでまずは他のジャンルの曲でやってみましょう。
ポップスやロックなどは途中でキーが変わらない曲が多いです。


やり方です。

◆曲を聴きながらスケールを演奏してみる
だいたいの見当がついたらそのキーだと思うスケールを演奏してみましょう。
この時、キーが間違っていればスケールの途中のいくつかの音が外れたように感じると思います。外れた部分を修正するにはスケールのキーを変える必要があります。

◆録音する
外れた音がなくなったように感じたらスケールを演奏したものを録音してチェックしましょう。
客観的に聴いてみて外れてないようであればキーが合っているでしょう。

◆適当にアドリブをしてみる
キーが合っていても実際にアドリブをしてみると「この部分はこの音が合わない」という箇所があることに気付くでしょう。この時も録音して聴いてみるととても良いです。


僕のレッスンでは理論的な部分と感覚的な部分の両方を使えるようになることを重視しています。
感覚的に演奏できるようになると格好いいフレーズを作れるようになるからです。

感覚的な部分をレベルアップするには普段からジャズに限らず様々な音楽を聴くことも大切です。




【サックスとfujiborn】
好きなプレイヤーを3名挙げてください

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


聴くことも上達する要素

レッスンに来られている生徒さんで、プロの演奏家のライブによく行かれている方は全く行ってない生徒さんに比べて上達が早いです。

CDなどで自分がやっている楽器の演奏を聴くのもとても良いですが、ライブでなければ体験できない要素というのは沢山あります。

ボーカルであれば歌っている時の姿勢や息の使い方、楽器であれば指の動きや音のニュアンスなど。


また、小さなライブハウスであれば演奏前や演奏後にプロミュージシャンと直接話せる機会もありますから、アドバイスを求めることもできます。細かなアドバイスは得られないかもしれませんがプロならではの的を得た言葉が聞けるのはライブ会場へ足を運んでこそです。

音源と違って生演奏の音というのはとても印象深いものです。
ライブへ行けば自然とその後の練習も楽しくなります。


歌や楽器を習っている方は是非ライブを聴きに行ってみてください。




【サックスとfujiborn】
新しいネックコルクにはグリスをしっかり塗りましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


サポートと弾き語り

一昨日の土曜日、夕方にジョンバーガー&カフェで「グラトモツアーズin尾道」のサポートでした。
シンガーソングライターの門松良祐さんとGRAND COLOR STONEさん、それぞれの演奏に数曲ずつサックスで参加させて頂きました。

終わってすぐに「バー鶯」さんへ移動。
6年ぶりに弾き語りだけのライブをしました。
ゲストとして、米子からSachiさんと月光ワタルさんが演奏しに来てくれました。
演奏の合間にはいつもライブに来てくれる高校教師のお友達がマジックショーをしてくれました。


なんだか凄く楽しい1日だったのでアドレナリンが出っ放しで汗だくでした。

FC7411DC-2BD2-44F8-BFF6-38375A832A4D


【サックスとfujiborn】
いつも同じ位置で楽器を構えることも上達といえます

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ドラマチックな展開「sus4(サスフォー)」

サウンドトレジャー音楽教室 新規入会受付中
2018年8月〜 オカリナレッスン開講


ミスチルの曲にしばしば登場します。
最近のポップスにもよく使われています。


メジャーコードの3度を半音上げたsus4コード。
正確には「サスペンデドフォー」。


Csus4→「C」のメジャーコードの「sus4」3度を半音上げて4度にする。
なので構成音はド、ファ、ソ。

例(ギターでも弾きやすいようにDにします)
| G | A | D | D |

これにsus4を使うと
| G | A | Dsus4 | D |

ドラマチックになりましたでしょうか?


【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さよりも正確さ重視で

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ギャラリー
  • スパイス研究中
  • 福山ジャズフェス2018
  • 明日は弾き語りライブです
  • 10月のライブスケジュール
  • 10月のライブスケジュール
  • 10月のライブスケジュール
  • 10月のライブスケジュール
  • アドリブがどうしてもできない人の為の練習メニューその8
  • 練習用のマイナスワンを作りました