サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

音楽理論

ドラマチックな展開「sus4(サスフォー)」

サウンドトレジャー音楽教室 新規入会受付中
2018年8月〜 オカリナレッスン開講


ミスチルの曲にしばしば登場します。
最近のポップスにもよく使われています。


メジャーコードの3度を半音上げたsus4コード。
正確には「サスペンデドフォー」。


Csus4→「C」のメジャーコードの「sus4」3度を半音上げて4度にする。
なので構成音はド、ファ、ソ。

例(ギターでも弾きやすいようにDにします)
| G | A | D | D |

これにsus4を使うと
| G | A | Dsus4 | D |

ドラマチックになりましたでしょうか?


【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さよりも正確さ重視で

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


コードアレンジ

サウンドトレジャー音楽教室 新規入会受付中
2018年8月〜 オカリナレッスン開講


今月はコードについて書いています。

今までに解説したコードを使って今回は簡単なジャズアレンジをしてみます。


題材はスタンドバイミー。
分かりやすいようにキーはCで。

オリジナルのコード
| C | C | Am | Am |
| F | G | C | C |

この繰り返しですが、メインのコードを4音のコードにしつつツーファイブを多用してみます。

| CM7 | Bm7(-5) E7 | Am | Gm7 C7 |
| FM7 F#dim | G7 | C | Dm7 G7 |

2小節目はAm7へのマイナーツーファイブ、4小節目はFM7へのメジャーツーファイブ。
6小節目へ半音でアプローチする為にディミニッシュコードを入れました。
8小節目は1小節目のCM7へのメジャーツーファイブです。


ポピュラーミュージックがジャズスタンダードっぽくなったのをお分かり頂けましたでしょうか?




【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/



ダイアトニックコード

メジャースケールの音を4つ重ねてできるコードを「ダイアトニックコード」といいます。


例えばCメジャースケールの場合ドレミファソラシのそれぞれの音をルートにしたコードを作ることができます。
これを順に並べると

CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7(-5)


で、このダイアトニックコードがジャズのアドリブをする上で大切な要素となります。

Cメジャースケールのダイアトニックコードであれば全てドレミファソラシドでアドリブをすることが可能です。


例えば
| CM7 | FM7 | Dm7 | G7 |
| Em7 | Am7 |Dm7 G7 | CM7 |

ポップな感じのコード進行ですがこのようなコード進行の曲があるとしましょう。

全てCメジャースケールのダイアトニックコードなので、この曲ではCメジャースケールの音でアドリブをすることができるということがわかります。


ジャズの場合は曲の中でキーが変わるものが多いです。
ダイアトニックコードを覚えることで、キーがどのように変わったかを把握することもできるようになります。




【サックスとfujiborn】
いつも同じ姿勢で楽器を構えることができるのも上達です

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/




どこまでも重なっていく「ディミニッシュコード」

サウンドトレジャー音楽教室 新規入会受付中
2018年8月〜オカリナレッスン開講


メジャーセブンスコード、セブンスコード、マイナーセブンスコード、マイナーセブンフラットファイブ。
この4種類のコードはメジャースケール上の音を重ねていくことで構成されるコードでした。

でも「ディミニッシュコード」は特別です。

規則正しく半音で3度ずつ移動した音が積み重なってできるコードです。


Cdim→「C」を規準とした「dim」ディミニッシュの規則で構成されたコード。
ルートから半音で3度ずつ移動します。
ド、ミ♭、ソ♭、ラ。

同様にして

Ddim→レ、ファ、ラ♭、シ

Edim→ミ、ソ、シ♭、レ♭


半音で3度ずつなので、例えばCdimに更に音を加えていくと

ド、ミ♭、ソ♭、ラ、ド、と再び「ド」が出てきます。
つまり等間隔で音が積み重ねてあるので、Cdim、E♭dim、G♭dim、Adimは全て構成音が同じであるということです。

Ddim、Edimにも同じことがいえます。

「じゃぁその3種類だけでいいじゃん」ってなりますが、コードには必ず規準となるルート音がありますので12度それぞれのディミニッシュコードがあるのです。




【サックスとfujiborn】
ジャズを演奏するには先ずジャズを聴きましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


名前が長い!「マイナーセブンフラットファイブ」

サウンドトレジャー音楽教室 新規入会受付中
2018年8月〜オカリナレッスン開講


弾き語りのレパートリーを増やしていた時期に「なんでこんなややこしいコードを使うんだ!」と、かなり苦手だったコードが「マイナーセブンフラットファイブ」です。

名前もややこしいですがギターで押さえるフォームもややこしかったので慣れるまで大変でした。

でも慣れてくるとこのコードの響きの不安定さが心地よくなり、ポップスではここぞという時に登場するコードの1つです。

ジャズスタンダードでは、マイナーコードへ解決する「マイナーツーファイブ」のきっかけになるコードで、スタンダードであれば「マイナーセブンフラットファイブ」コードが出てきたら「マイナーツーファイブ」がある、と考えても良いくらいで、ジャズスタンダードには頻繁に使われます。


構成の説明です。

Cm7(-5) → 「C」を基準にした「m」マイナーの3和音で「7」セブンスの音が加えられて「(-5)」5度がフラットします、という構成。

なので、Cm7(-5) は、ド、ミ♭、ソ♭、シ♭

「m7コードの5度がフラットする」と覚えておくと良いでしょう。


同様にして

Am7(-5) → ラ、ド、ミ♭、ソ

F♯m7(-5) → ファ♯、ラ、ド、ミ

E♭m7(-5) → ミ♭、ソ♭、ラ(シ♭が更にフラットしたと考えるのが理論的には正しいですがあんまり気にしなくていいと思います)、レ♭


マイナーセブンコードとの響きの違いを実際の音で認識できるように聴き比べてみることをおすすめします。


【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確さを重視しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ギャラリー
  • 練習用のマイナスワンを作りました
  • リレーフォーライフ広島に出演します
  • 今年初めての尾道でのソロライブは来月
  • 観月会での演奏でした
  • 観月会での演奏でした
  • サポートと弾き語り
  • 9月のライブスケジュール
  • 9月のライブスケジュール
  • 因島でボランティア演奏しました