サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

アドリブ

理論が必要な理由

「理論なんか知らなくてもアドリブはできる」

確かにできます。

メジャースケール、ナチュラルマイナースケール、メロディックマイナースケール、ハーモニックマイナースケール、ペンタトニックスケール。
ここらへんまでは音楽を聴きこんでメジャースケールの基礎的なトレーニングと平行調を理解していけば、だいたいのジャンルのアドリブはできますしジャズスタンダードのアドリブもできてしまいます。


僕自身、高校生の頃には友人が使ったオリジナルの歌の間奏に即興でソロをつける遊びをやっていました。
そしてジャズのアドリブもそのやり方でそれなりにできていたのですが「CDで聴くジャズの感じと何かが違う」という疑問を解決できず、そこから理論について色々と調べ始めました。


ホールトーン
コンビネーションディミニッシュ
オルタード
ペンタトニックのキー半音ずらし


どう考えても感覚的に身に付けることは難しいスケールがいくつかあります。

でも、その何とも不思議なスケールを使うべきところに使うとアドリブが凄く格好よくなるんです!


「アドリブはできるけどジャズの感じにならない」
と感じているのであれば、理論を習うことをオススメします。
僕は全て独学で勉強しましたが時間がかかり過ぎました。

教えてもらいながら練習するのが間違いはないし時間の節約にもなります。







【サックスとfujiborn】
リードは割れたり欠けたりしたら捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

アルペジオとクロマチック

フレーズがジャズっぽくならないときに是非試して頂きたいのがアルペジオとクロマチックスケールです。

僕がアドリブの練習を始めて、まぁまぁそれなりにできるようになった頃に録音して聴いてみるということを繰り返していたのですが、、、

「ジャズっぽくない、、、」

という印象でした。
音もリズムも合っているのに何故かいつも聴いているジャズのソロの感じにならないのは何でだろうかと考えて色々な演奏を分析して気付いたのがアルペジオとクロマチックスケールでした。


アルペジオで上がってクロマチックで下がったり、その反対をやってみたり。
スケールでの上下ももちろん使うのですが随所にアルペジオとクロマチックを使うことでジャズのアドリブ、特にビバップのフレーズになってきます。


チャーリー・パーカーがビバップのアドリブについて

「上がっていってちょっと下がってまた上がる、下がってちょっと上がってから下がる」

という表現をしたことがあったそうです。


スケールによる安定したフレーズだけではなく、アルペジオでのダイナミックな動きとクロマチックスケールでの不安定な動きによるスリリングなフレーズが入ることによってジャズらしい音の流れが生まれてきます。







【サックスとfujiborn】
薬指と小指の動きは根気強く練習しましょう

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

耳コピは是非やりましょう

アドリブのレッスンを始めた当初によく躓くことの1つに「楽譜がないから音を出せない」というのがあります。

アドリブのレッスンをするまでは楽譜があってそれを練習して演奏するというスタイルだったのが突然なくなりますから混乱する生徒さんもおられます。


スムーズにアドリブの練習を進めるためにフレーズの耳コピをすることをオススメします。

楽譜を見て演奏するときは
楽譜を見る→演奏する

ですが

アドリブの場合
頭に浮かぶ、または覚えたフレーズ→演奏する

そして耳コピは
聴く→記憶する→演奏する

という形式になるのでアドリブの形式と似ています。


ゆっくりなフレーズ、とても短いフレーズで構いません。
聴いた音を再現できることが重要です。







【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

スケールチェンジの練習

ポップスやロックなどでは曲中にスケールが変わることはあまりありませんが、ジャズでは1曲の中で頻繁にスケールが変わります。

アドリブのトレーニングを始めたときにぶつかる問題の1つにスケールチェンジがあります。

セッションでもよく演奏されるBlue Bossaを例にして練習方法を書いてみます。
C調で書きますのでサックスなどは移調が必要になりますのでご注意ください。


メトロノームに合わせて八分音符で演奏してください。

1〜2小節目
Cナチュラルマイナースケールのルートからオクターブ上のルートまでを上がって下がる

3〜4小節目
Cナチュラルマイナースケールの4度からオクターブ上の4度までを上がって下がる

5〜6小節目
マイナーのツーファイブになっています
Cハーモニックマイナーの2度からオクターブ上の2度までを上がって下がる

7〜8小節目
1〜2小節目と同じ

9〜10小節目
D♭メジャースケールの2度からオクターブ上の2度までを上がって下がる

11〜12小節目
D♭メジャースケールのルートからオクターブ上のルートまでを上がって下がる

13〜14小節目
5〜6小節目と同じ

15〜16小節目
Cハーモニックマイナースケールのルートからオクターブ上のルートまでを上がって下がる


スムーズに演奏できるよう60bpmぐらいからやってみてください。
最終的に170bpmくらいで演奏できるようになると良いです。

フレーズを覚える練習とは違い、この練習によってスケールの流れとコードの動きを覚えることができます。
アドリブコピー譜が上手く演奏できない場合にもこの練習をすることでスムーズに進められるようになります。







【サックスとfujiborn】
好きなサックスプレイヤーを見つけることで上達が早くなります

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

手っ取り早くアドリブをやってみる方法

ジャズの醍醐味であるアドリブ演奏。

バッキングに合わせて楽譜のないアドリブに憧れる人は多いでしょう。しかし、いざやってみるとなると難しいどころか訳がわからず全く音も出せないという人もいると思います。


どうしてそんなに難しく感じてしまうのかと言いますと、

「ジャズでアドリブ」

だからです。


ジャズのアドリブについては
・特有のリズムやイントネーション
・基本的にテンポが速い
・曲中でキーチェンジがある

という点だと感じています。
細かい説明は今回はしません。


では、ジャズではなくポップスではどうでしょう?

ジャズのような速いテンポではないし曲中でのキーチェンジもそう多くはないのでアドリブを付けやすいのではないでしょうか。


例えば


この曲はキーがE♭です。アルトサックスならCになります。テナーだとFです。

アルトサックスでアドリブを付けることにして説明しますと、キーがCなので

ドレミファソラシド

が、この曲に対して適した音階となります。
曲全体を通して、ドレミファソラシドのどれかの音で演奏していれば、どんなに適当に演奏しても外れることはありません。


なので、曲の冒頭部分

それでーもいーいいーー ファーミーレーミー
それでーもいいとおもーえるーこいーだーったー ミレドー(最後の「た」の直後くらいから音を入れましょう)

と、たとえばこのように演奏すれば歌に合わせてアルトサックスのアドリブを入れることが可能です。

お時間ございましたらお試しください。


先ずは自分で音を出してみることが大切です。
ジャズですぐにアドリブできれば格好いいのですが、なかなか上手くいかない方は聴き慣れたジャンルから入ってみるのもオススメですよ。

楽しみながら進歩していけたらそれが一番だなと思いつつレッスンの内容を思索しています。





【サックスとfujiborn】
「オリジナリティー」と「意図的に他人と違ったことをする」のはちょっと違います

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

ギャラリー
  • よりお手軽にスパイシー
  • よりお手軽にスパイシー
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 6月のライブスケジュール
  • 6月のライブスケジュール
  • トランクイッロでのライブ