サウンドトレジャーのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上富士夫です
ライブのことや、経営している楽器店・音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

アドリブ

手っ取り早くアドリブをやってみる方法

ジャズの醍醐味であるアドリブ演奏。

バッキングに合わせて楽譜のないアドリブに憧れる人は多いでしょう。しかし、いざやってみるとなると難しいどころか訳がわからず全く音も出せないという人もいると思います。


どうしてそんなに難しく感じてしまうのかと言いますと、

「ジャズでアドリブ」

だからです。


ジャズのアドリブについては
・特有のリズムやイントネーション
・基本的にテンポが速い
・曲中でキーチェンジがある

という点だと感じています。
細かい説明は今回はしません。


では、ジャズではなくポップスではどうでしょう?

ジャズのような速いテンポではないし曲中でのキーチェンジもそう多くはないのでアドリブを付けやすいのではないでしょうか。


例えば


この曲はキーがE♭です。アルトサックスならCになります。テナーだとFです。

アルトサックスでアドリブを付けることにして説明しますと、キーがCなので

ドレミファソラシド

が、この曲に対して適した音階となります。
曲全体を通して、ドレミファソラシドのどれかの音で演奏していれば、どんなに適当に演奏しても外れることはありません。


なので、曲の冒頭部分

それでーもいーいいーー ファーミーレーミー
それでーもいいとおもーえるーこいーだーったー ミレドー(最後の「た」の直後くらいから音を入れましょう)

と、たとえばこのように演奏すれば歌に合わせてアルトサックスのアドリブを入れることが可能です。

お時間ございましたらお試しください。


先ずは自分で音を出してみることが大切です。
ジャズですぐにアドリブできれば格好いいのですが、なかなか上手くいかない方は聴き慣れたジャンルから入ってみるのもオススメですよ。

楽しみながら進歩していけたらそれが一番だなと思いつつレッスンの内容を思索しています。





【サックスとfujiborn】
「オリジナリティー」と「意図的に他人と違ったことをする」のはちょっと違います

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

アドリブになると音を出せなくなるタイプ

ジャズのレッスンで、アドリブソロの練習を始めると音を出せなくなる生徒さんがおられます。
主に吹奏楽やクラシックの出身の方に多いです。


「楽譜がないのにどうして音が出せるんですか?」と言われます。

楽譜はなくてもコード進行が表記された「コード譜」がありますので、それを見ながらアドリブ演奏をします。


さて、細かいことはまた今度書くとして、「どうして音を出せなくなるか」ということを分析しましたところ、

「音の選択肢が多すぎてどの音を選ぶべきか迷う」
というのが原因の一つだとわかりました。

「どれか好きな音を1分後に出して下さいね」
であれば出すことは可能なのでしょうが、音楽ってリズムがあり流れがありますので、考えているとどんどん進んでしまいます。


それならば、選択肢をなくしてしまえば良いのです。


◆ルート音だけにする
アドリブの第一歩ともいえます。
コードのルート音だけでソロをします。小節内で音を伸ばすだけでも良いです。
慣れてきたらリズムを付けて演奏します。

◆ルート音と3度で演奏する
ルートだけでの演奏ができるようになったら3度の音も加えてみましょう。選択肢が2音になりますがどちらか好きな音を選んでも良いですし、交互に演奏しても良いです。

ここから更に音を増やしていきながら、楽譜なしで音を出すことへの抵抗を取り除いていきます。
徐々にリズムの感じや音の使い方を楽しめるようにしていきましょう。





【サックスとfujiborn】
技巧派の演奏はリズムが合ってなければ無茶苦茶にしか聴こえない

◆井上フヂヲの宇宙なブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆井上フヂヲ・ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

第26回フジオの音楽理論~251フレーズ~

今日の苔
苔0116


今回はシンプルなⅡ-Ⅴ-Ⅰフレーズを解説したいと思います。

キーはC。
Cメジャースケールの音だけを使っています。

譜例1
251-0116


最初の音はDm7のルート音D。そこからCメジャースケールの音階で下降し、終わりの音は2小節目、G7のルート音へと繋ぐ為にE・Fと音階が上がります。
2小節目も同様に、コードのルート音Gから下降し、終わりの音は3小節目のルート音Cへと繋がるように音程が動いています。

次に譜例2
251-0116 - コピー


使っている音はCメジャースケールの音ですが、譜例2ではコードの流れを感じさせるフレーズです。
最初の音は譜例1と同様にルート音Dから始まります。
次にC音。これはDm7のセブンスの音です。そして5度、3度と下降していきます。3拍目、4拍目は2小節目G7のルート音にスムーズに繋げる為の経過音として動いています。
2小節目も同様。ルート・7度・5度・3度、そして今度はそのままオクターブ下のルート・再び3度・5度・3度とコード音だけで動いていき、3小節目のCM7のルート音へと繋がっています。

アドリブのフレージングを解説する場合にはどうしてもスケールとコードの知識が必要となります。
今回の解説を読んでも理解できない場合は、まず「フジオの音楽理論」を始めのほうから読んでください。


【サックスとfujiborn】
短時間で上達するには練習時に耳を使います

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

サウンドトレジャーのメールマガジン「サウンドトレジャー通信」
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/

第25回フジオの音楽理論~251フレーズ~

今日の苔(広島県三原市)
苔0107


とてもとてもお久しぶりになってしまった音楽理論。
さて、今回からは実際のアドリブに即使用可能なフレーズの紹介をしていきたいと思います。

紹介するのは
Ⅱm7ーⅤ7ーⅠM7
ツーファイブワンのフレーズですが色々な箇所に応用可能で、例えばCM7-CM7と同じコードが続く箇所にも当てはまる場合もあります。
全て同じことが言えるわけではないのですが、251フレーズの引き出しを多く持っていることはジャズを演奏する上でとても有効です。

では実際にフレーズを見てみましょう。

251 - コピー


Dm7-G7-CM7の2-5-1です。

まず最初の音はD。
Dm7のルート音から始まっています。
次のAはDm7構成音の5度、再びルートに戻って次のEは経過音。
次のFはDm7構成音の3度、Eが経過音で入りまたFに戻ります。
1小節目最後のF#はアプローチノートと言いまして、2小節目最初のGへ繋がるための音ですがこういったクロマチックでの音の運びを使うことでジャズらしいフレーズになります。

2小節目です。
最初の音はG7のルート音のG、次が3度のB、経過音Aの後G7の7度の音F。
更に5度のD、3度のBから経過音Aが入ってまたB。

3小節目はCM7のルート音で2-5-1が完了。

上記は解説ですが、理解できなくても構いません。繰り返し演奏し、実際のアドリブでこのフレーズが使えるようになることのほうが大切です。

アドリブを学ぶときは常に頭を柔軟にしておく必要があります。理論で凝り固まってはいけないのです。
いくら理論が理解できたとしてもそれを音にできなければ音楽は成立しません。

写真


【サックスとfujiborn】
1つだけの音しか使えないとしたら、どんな表現ができるでしょうか。

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

サウンドトレジャーのメールマガジン「サウンドトレジャー通信」
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/
ギャラリー
  • 明日はyonoaさんとライブ
  • 本年もどうぞよろしくお願いします
  • 本年もどうぞよろしくお願いします
  • 東京でチャリティーコンサートに参加しました
  • 東京でチャリティーコンサートに参加しました
  • ツアー4日目
  • ツアー4日目
  • ツアー2日目と3日目
  • ツアー2日目と3日目