サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

サックスレッスン

アドリブフレーズ作り方の実例

「スケールはわかった」
「コードの構成音もわかった」
「だけどフレーズはどうやって組み立てれば良いの?」


ということで
今回はⅡ-Ⅴ-Ⅰフレーズについて、簡単なフレーズから実際に使用できるフレーズへと展開していく方法を解説してみたいと思います。


サックスで演奏できる音域で解説しますがもちろん他の楽器でも使えます。


│ Dm7 │ G7 │ CM7 │

Cメジャーのツーファイブです。


まず簡単な楽譜から
四分音符


Dm7のルートから、Cメジャースケールで下降しています。
5拍目がちょうどG音になりますので、2小節目の頭はG7のルートになり、そこからまた下降です。
9拍目でちょうどC音になりますので3小節目の頭がCM7のルートです。

さて、これでは初心者のスケールトレーニングのようで格好良くありません。
せめて8分音符でないと・・・。


そこで次のフレーズです。
8分-1


先ほどのフレーズとあまり変わりませんが「2度下がって1度上がる」フレーズになっています。
8分音符を使うことでスイング感が表現できますね。

でも、これもスケールトレーニングではよく出てくる音の流れですね。


なので次。
あるぺぎお


ちょっと不規則な音の流れに感じるかもしれませんが、コードのアルペジオを使ったフレーズです。

アルペジオで、1小節目はDm7のルートから4音、7thから4音ずつ下がり、2小節目はG7のルートから4音、7thから4音下がっていますので、それぞれ同じパターンでアルペジオを演奏しています。
アルペジオを使うことでジャズっぽいフレーズになってきました。


ではもう少しジャズのテイストを入れてみましょう。
半音


まずDm7のルートから下降するのですが7thへ下がるのに半音を挟んで下がります。音としてはメジャー7thですがここでは7thへのアプローチノートとして。
次に5度、3度と下がって今度は9th(E音)へと進んでいますが単純にCメジャースケールで隣の音へ下がったと思ってください。ポイントはその次の音です。♭9thを入れています。この音がジャズっぽさをぐっと引き出してくれます。
それからまた3度へと上がり、次の小節(G7)へ。
ここも1小節目と同じパターンです。ルートから7thへ下がるのに半音を挟んでいます。それから5度、3度と下がって。
次は#9thとしてA#音、そしてA音。ここも理論的に説明をすると#9thから9thということになりますが、3度から2度へ下がるのに間の音を挟んでクロマチックアプローチにしたと考えれば良いです。あんまり難しく考えたくないのです。
最後は3度へまた上がって、3小節目のCM7のルートへと繋いでいます。


4種類のフレーズを例として解説しましたがいかがでしょうか?
4番目のフレーズに関しては少し複雑だったかもしれませんが、半音の動きを入れつつも1拍目と3拍目にコードに含まれる音を使っていれば余程のことがない限り変なフレーズになることはありません。
是非、チャレンジしてみてください。



【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


アドリブがどうしてもできない人の為の練習メニューその8

B4AC9CF9-BC3D-4C1B-9F46-EB9600068756


マイナスワン音源
http://fujioinoue.officialblog.jp/archives/54156138.html

「アドリブ恐怖症を15日間で克服!」

今回で終わりです。
最終回は前回までの練習メニューを組み合わせてみましょう。

はじめは1コーラスずつ。
たとえば1コーラス目を「その2」のやり方で演奏し、2コーラス目を「その5」のやり方で演奏する、といった練習です。

マイナスワンに合わせてスムーズに演奏できるようになったら次は4小節ごとにやり方を変えてみましょう。

2コーラスで24小節ありますので
1〜4小節 その1
5〜8小節 その2
9〜12小節 その3
13〜16小節 その4
17〜20小節 その5
21〜24小節 その6

このようなやり方です。
順番でなくても良いですし、例えばアルペジオが好きなら2回使っても良いです。

これもスムーズに演奏できるようになったら今度は1小節または2小節ごとに変えてみましょう。
これができるようになればもう何も心配いりません。

あなたもアドリブマスター!


アドリブで大切なことは「こうでなくてはならない」と決めてしまわないこと。
あなたが心地良いと思うアドリブのメロディーラインこそがあなたの個性や人柄を表す音です。


「その1」から「その8」まで15日間でできなくても問題ありません。
楽しく音を出してアドリブを楽しみましょう!


【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/





アドリブがどうしてもできない人の為の練習メニューその7

「アドリブ恐怖症を15日間で克服」

7回目になりました。
今回はアルペジオで上がってスケールで下がるというパターンでフレーズを作ります。

前回まではアルペジオを5度までしか使いませんでしたが今回は7度も使います。だいぶ複雑になってきましたが7度を使うことでよりジャズらしいフレーズとなります。


1小節内で八分音符で演奏して1拍休みます。

C7→ドミソシ♭ラソ

F7→ファラドミ♭レド

Dm7→レファラドシラ

G7→ソシレファミレ


C7のセブンスなのでシ♭になります。
F7のセブンスなのでミ♭になります。
Dm7、G7はCメジャースケールのダイアトニックコードなので♭はつきません。


いきなりコード進行の通りに演奏するのではなく各コードごとに練習してから繋げていくとスムーズに上達します。
ゆっくりとしたテンポから徐々に速くしていきましょう。


マイナスワン音源
http://fujioinoue.officialblog.jp/archives/54156138.html


【サックスとfujiborn】
欠けたり割れたりしたリードは捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


アドリブがどうしてもできない人の為の練習メニューその6

「アドリブ恐怖症を15日間で克服!」

6回目です。
今回はスケールで上がってアルペジオで下がる練習をします。
徐々にジャズのフレーズっぽい音使いができるようになりますよ。


1度(ルート)から5度までスケールで上がります。次にコードの3度、1度、というパターンで演奏します。全て八分音符で最後の1度だけ四分音符。これで4拍になります。

C7→ドレミファソミド

F7→ファソラシ♭ドラファ

G7→ソラシドレシソ

Dm7→レミファソラファレ


ブレスが難しい場合は最後の1度をなしにしてブレスしても構いません。但し4小節に1回とか決めておかないと1小節ごとにブレスする変な癖がついてしまいがちなので気を付けてください。

テンポよく演奏できるようになったらマイナスワン音源に合わせてみましょう。
マイナスワン音源 http://fujioinoue.officialblog.jp/archives/54156138.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NIKKO スタンダード ブラック メトロノーム
価格:4380円(税込、送料無料) (2018/9/25時点)

楽天で購入



【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確さを重視しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


アドリブがどうしてもできない人の為の練習メニューその5

「15日間でアドリブ恐怖症を克服!」

5回目の今回もスケールを使います。

前回はルートから上がっていく練習でした。
今回はルートから下がっていきます。


ここで気を付けたいのがメジャースケールではなくミクソリディアンスケールを使うことです。

なぜミクソリディアンスケールを使うのかというと、通常キーがCの曲であればコードはCM7になりますがブルース進行のためC7になっています。7度がフラットしますのでメジャースケールではなくなります。


それでは練習です。
ルートから八分音符で演奏し4番目の音が5度になります。4番目の音は伸ばしましょう。

C7→ド シ♭ ラ ソ

F7→ファ ミ♭ レ ド

G7→ソ ファ ミ レ

Dm7→レ ド シ ラ


シとシ♭、ミとミ♭が出てきますのでごっちゃにならないように、しっかりと区別して練習しましょう。


マイナスワン音源 http://fujioinoue.officialblog.jp/archives/54156138.html


【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ギャラリー
  • アルペジオの組み替え
  • アルペジオの組み替え
  • アルペジオの組み替え
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • ツーファイブのモチーフ
  • オカリナ教室・新規入会受付中
  • 練習のやり方は気を付けましょう
  • フレーズの展開の例
  • フレーズの展開の例
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました
  • 米子と尾道、ありがとうございました