サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

ジャズ

疑問を持てば吸収が早い

アドリブのレッスンで伝わりにくいと感じるのが「キーは変わらないけどスケールが変わる箇所」です。


例えばボサノバのスタンダードナンバーBlue Bossaを例にして挙げると、

5〜8小節、13〜16小節にマイナーのツーファイブが使われています。
ナチュラルマイナー、マイナーペンタトニックでアドリブをすれば特にスケールを変える必要はありませんが、他の選択肢としてハーモニックマイナースケールを使うことができます。

ナチュラルマイナースケールの7度が半音上がるハーモニックマイナースケールの流れがアドリブに変化を与えて楽しいのですが、色々なアドリブを聴いてないうちは「だから???」という反応になってしまうことが多いです。


いくつかあるスケールの選択肢から自分の好きなスケールを使って好きなフレーズを作っていくのがアドリブの楽しさなんですが、ジャズをあまり聴いてないとどうしてもバリエーションが狭くなりますしキーを変えたりスケールを変えたりするには練習が必要ですので「そんな大変なことしなくても1つのスケールだけでいいじゃん」となってしまうのです。


この変化のあるアドリブはどうやってるんだろう?
単音なのにコード進行を感じるアドリブはどうするの?
アウトしてるようでしてないこのスケールはなんだ?

というように、ジャズを沢山聴いていく中でこそ沸いてくる疑問というのがあります。

そうやって疑問を持ったことを解決しながら知るスケールやコード進行というのは習得が早く、しかも忘れにくいのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Charlie Parker チャーリーパーカー / Now's The Time + 1 【SHM-CD】
価格:1703円(税込、送料別) (2018/6/9時点)





【サックスとfujiborn】


◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/




トランクイッロでのライブ

日曜日は尾道市のピッツァの名店トランクイッロさんでジャズ昭和歌謡ライブでした。

満員御礼ありがとうございました。

40C900D7-6B50-4A4A-8132-4EF2A006D570







【サックスとfujiborn】
顎が突き出ていたり猫背になっていると音が安定しません

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

目的を決めて練習をする

レッスンを受けていても受けていなくても上達に繋がる練習です。


曲の練習であれば日々の練習の中でその曲が楽譜通りに演奏できるようになれば上達したり達成感を得たりすることができますが、そこから先、例えば曲の表現やアドリブの練習となると楽譜の練習以上の内容になりますので上達や達成感を感じるのが少し難しくなります。

既に演奏できる曲を繰り返し練習する中でも表現について習得する場合はありますが、それは偶然の発見だったりします。

アドリブの場合は楽譜がありませんから、楽譜の練習と同じ感覚で練習することは困難です。


そこで、目的を持って練習をすることが必要です。

曲の練習であれば、その曲をどんな風に演奏したいのか、優しく演奏する部分や力強く演奏する部分を自分なりに設定し、そのイメージ通りの表現ができるように練習をします。

アドリブの練習であれば、ワンコーラス全体をただアドリブ演奏するだけではなく、ツーファイブのフレーズ、スケールの使い分けなどに絞り込んでいくことで細かい設定ができます。その結果どのような目的で練習をすれば良いかがわかります。


このような練習を繰り返しているうちに以前とは明らかに違うくらいにレベルアップしていることを実感できる瞬間が来ます。


中級〜上級者になってくると技術の上達が実感しにくくなってきますがその理由の1つに、目的を絞り込んでいないために上達している箇所に気付けていないというのがあるのです。







【サックスとfujiborn】
楽器を格好良く構えることも上達です

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

キャシーさんライブでした

昨夜は尾道市のジョンバーガー&カフェにてキャシー・シーガル・ガルシアのライブでした。

心から癒される歌声は会場をとても温かい雰囲気で包み、メロディアスなスキャットは普段JAZZを聴かない人もワクワクさせてくれます。
昨日はたまたまネットでキャシーさんのレッスンや音楽全般に対する考え方を紹介しているインタビュー記事を発見し、とても柔軟で奥深い想いがあることを知って小生はとても嬉しい気持ちでライブ会場へと向かったのです。

来年また御一緒できることをとても楽しみにしています。

IMG_5707

IMG_5708



【サックスとfujiborn】
抑揚とは音の高さだけではなく、大きさ、長さも関係します

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/

第28回フジオの音楽理論~マイナーペンタトニックスケール~

サウンドトレジャー音楽教室・生徒さん募集中


前回の「メジャーペンタトニックスケール」に続きまして今回は「マイナーペンタトニックスケール」について解説していきます。

マイナーペンタトニックスケールは、メジャーペンタトニックスケールの5番目(ブルーノートを入れた場合には6番目)の音から始めたのと同じです。

メジャースケールとナチュラルマイナースケールの位置関係と同じです。

文章だとわかりにくいので音階で書いてみましょう。
・C Major Pentatonic Scale
C D (E♭) E G A
・A minor Pentatonic Scale
A C D (E♭) E G

おわかりでしょうか?
使う音は全く同じですが、ルート音(始まる音)が変わることでスケールの名前が変わります。

全てのキーでのマイナーペンタトニックスケールを書いておきます。( )はブルーノート

・A C D (E♭) E G
・A# C# D# (E) F G#
・B D E (F) F# A
・C E♭ F (G♭) G B♭
・C# E F# (G) G# B
・D F G (A♭) A C
・D# F# G# (A) A# C#
・E G A (B♭) B D
・F A♭ B♭ (B) C E♭
・F# A B (C) C# E
・G B♭ C (D♭) D F
・G# B C# (D) D# F#

次回から数回は251フレーズを紹介していきたいと思います。


【サックスとfujiborn】
楽譜を見て練習をする。1度目で間違えた箇所を2回目は絶対に間違えないように気をつける。ただこれだけで飛躍的に習得が早くなります。

サウンドトレジャー
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)

サウンドトレジャーのメールマガジン「サウンドトレジャー通信」
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on

フヂヲオリジナルアクセサリー
ragno bianco
http://regnobianco.theshop.jp/
ギャラリー
  • 鈴木あい&井上フヂヲ  ツーマンライブ
  • よりお手軽にスパイシー
  • よりお手軽にスパイシー
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 米子ワンメイクさんでライブしました
  • 6月のライブスケジュール
  • 6月のライブスケジュール