サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

ポジティブ

凹んで笑う

どうにもこうにも、それはないだろうと悲しくて仕方ないくらいの流れをもってこられて予想外に凹んだのだけど、それでもその状況を客観的に観察していると頗る滑稽に思えてきたので笑っていたら、予想外に良い方向へ展開したので宇宙の面白さを実感した1日だった。

IMG



~~~演奏依頼・音楽教室・お問合わせはこちら~~~
treasure.hunter.inoue@gmail.com

【サックスとfujiborn】
僅かな音数で沢山のことを表現することも可能です

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/

お餅のタイプ

自分の本心を明らかにした瞬間から大宇宙が全力でサポートしてくれ始めます。
「何をしたいか」を常にクリアに感じられるようにしておけば全ては思い通りにしか進まないのです。

IMG



~~~演奏依頼・音楽教室・お問合わせはこちら~~~
treasure.hunter.inoue@gmail.com

【サックスとfujiborn】
リガチャーを変えることで音のキャラクターを変化させることができます

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/

ノデハナイカ

思考錯誤しながらあれこれ取り組んでいる時、新しいことを取り入れてどんどん試みている時。そういった状況では影を潜めるのですが。

上手くいかない時、順調になり安定してきた時、それが突然表れます。

「失敗するノデハナイカ」
「やめておくほうが良いノデハナイカ」
「そもそも間違っていたノデハナイカ」

上手くいかないと恐れが発生します。
そして上手くいっている時にも恐れが発生します。

挑んでない時というのは恐れが発生するものです。
何か不安を感じた時は、「目標が曖昧になっているな」と気付くことが大切です。
不安を解消することよりも明確な目標を設定することに意識を向けましょう。


~~~演奏依頼・音楽教室・お問合わせはこちら~~~
treasure.hunter.inoue@gmail.com

【サックスとfujiborn】
サックスのことを研究するよりもひたすら吹くほうが上達は早いのです

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/


街角クリーミン

笑っていた。何だか知らないが笑っていたのだ。

硬い筈のアスファルトや建物の外壁。本当に硬い。
だからクリームのように柔らかければ楽しいのに、と考えたのである。

これが「街角クリーミン」だ。

転んでも痛くない。ぶつかっても痛くない。
ボヨヨヨンと跳ね返るくらいのことだから転ぶことは楽しくなるしぶつかることは愉快になる。

唯歩いているだけなのに面白くて笑ってしまうのが「街角クリーミン」である。
少しあやふやにしてみたらいい。何でもクリーミンにしてみれば良い。


【サックスとfujiborn】
早いパッセージの時ほど自分の音をしっかり聴きましょう

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/

「できない」ことと心のブレーキ

音楽教室でレッスンをしている中でよく感じることがあります。
「できるのに気持ちが拒否している」

歌のレッスンで、「高い声が出るようにしたい」という相談をよく受けます。
呼吸法、発生方法を改善すれば数回のレッスンで2度くらいは伸ばすことができます。たとえば、ドまでしか出ないのをミまで出るようにすることはそれほど難しくないのです。
呼吸法、発生方法が上達してもなかなか高音が出せないケースがあります。「出ない」のではなく「出せない」のです。
どういうことかと言いますと、もう出せるコンディションなのに生徒さんが「自分で制御して出なくしている」のです。
ボイストレーニングではこの「自分で制御」してしまっている部分を解除するためのレッスンを行なうことが多いです。

楽器に於いても同じようなケースがあります。
「レッスンで1度できたことが次のレッスンでできなくなる」ことがあります。これは曲の中での難しい個所をレッスンしているときに多く起こります。
しかしながら、「できない」のではなく「できたのにできなくなる」のです。何故でしょうか。

これも「心のブレーキ」が関係しています。
レッスン中にどうにかこうにかできた部分を自宅で練習しようとすると、思っていたよりも上手く演奏できないことがあります。そうすると「この部分はできない筈だ」と思ってしまいます。こうなると「できない」という気持ちが先行しますから練習をいくらしてもできないのです。

年齢が高くなるほどブレーキのかけ方は強くなります。「自分」に関して、他人が言うことよりも自分のほうが正しいと思う意識が強くなるからです。
「子どもの記憶が早く何事も習得するのが早い」のは心のブレーキをあまり使わないからです。そして良くも悪くも他人の言うことにも影響を受けやすいからです。
お母さんに「楽器が上手だね」と言われば子どもは「もしかして自分は楽器の天才じゃなかろうか」と思うこともございましょう。そして夢中になって取り組むでしょう。

何かをする時、「できる」「できない」で判断すると心のブレーキが作動する場合が多々あります。
簡単に心のブレーキを解除したいなら、「やりたい」「やりたくない」で判断してみましょう。「やりたい」という気持ちに素直になれれば、心のブレーキが作動することはとても少なくなります。


【サックスとfujiborn】
分散和音の練習はコードの響きを意識しながら

◆井上富士夫ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://fujio.info/
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/(携帯用)
◆facebook
https://www.facebook.com/fujiborn
◆フヂヲカリー研究所
http://fujiocurry.theshop.jp/
◆フヂヲカリー研究所メールマガジン
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-246141-ch.php?guid=on
ギャラリー
  • 練習用のマイナスワンを作りました
  • リレーフォーライフ広島に出演します
  • 今年初めての尾道でのソロライブは来月
  • 観月会での演奏でした
  • 観月会での演奏でした
  • サポートと弾き語り
  • 9月のライブスケジュール
  • 9月のライブスケジュール
  • 因島でボランティア演奏しました