サウンドトレジャー井上フヂヲのブログ

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など
基本的には音楽メインのブログです

向島

オカリナのレッスン始めました

オカリナは管楽器に比べて音が出しやすく、音量も控えめなので自宅でも練習しやすいのでちょっとした趣味に向いている楽器といえます。

サウンドトレジャー向島教室では、より身近に音楽を楽しんで頂けるようこの度オカリナレッスンを開講しました。

詳しくはこちら
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-272558-ch.php?guid=on


【サックスとfujiborn】
初心者はまずしっかりと息を入れて大きな音で演奏しましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


昨日は演奏発表会でした

昨日はサウンドトレジャー音楽教室の演奏発表会でした。

今回の会場はジョンバーガー&カフェ。
西日本で最も美味しいハンバーガーを食べられるこのお店は、色々と親切に対応してくださる素晴らしいお店です。


因島教室からはエレキギター、アコースティックギター、弾き語り。向島教室からはエレキギター、アコースティックギター、弾き語り、ボーカル、サックスの生徒さんが出演しました。

皆さんかなり緊張されていましたが、それぞれに今までで最高の演奏をされましたので感激しながら聴きました。


教室を経営しつつ色んなところでライブをしている僕としては、音楽の持つ不思議なパワーというか、誰かを元気にしたり勇気付けたりできる音楽の力を生徒さんに少しでも感じてもらえたらなと思いながらレッスンをしています。

発表会に来られたご家族や友人、知人の方々はきっと生徒さんの演奏で元気が出たのではないかと僕は感じました。
素敵な演奏発表会になってとても嬉しかったです。


【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ムダ毛ってゆーな

朝から怒っています。
「ムダ毛」って何なんだ。
これ絶対に脱毛を商売にしている業者が作った言葉だな。

毛だって頑張って生えているのに。


【サックスとfujiborn】
同じ曲を何度も演奏していると、その曲の本当の良さがわかってきます。

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

第21回フジオの音楽理論~アドリブ(1)~

尾道市向島サウンドトレジャー
音楽教室(サックス・ギター・ベース・ボーカル・ジャズ理論)
☆生徒さん随時募集中☆

今回から遂に、ジャズの醍醐味であるアドリブについての知識を解説していきますよ。

全ての音楽はスケールとコードを基にして作られています。
これをコードが先にあるものとして考えると、そのコードに見合ったスケールを選択し、それを用いて即興でメロディーを演奏することがジャズに於けるアドリブである、と言うことができます。

では先ず、コードに見合ったスケールが解っていることが条件となってきます。

今回は例として、「Stand By Me」のコード進行を使って解説していきましょう。

A/A/F#m/F#m/D/E/A/A

Stand By Meはこの8小節をずっと繰り返します。
上記は3和音ですから、ジャズ流に4和音に直します。

AM7/AM7/F#m7/F#m7/DM7/E7/AM7/AM7

これでジャズっぽい響きのStand By Meの出来上がりです。

それではコードを見ていきましょう。
最初のAM7。
前回もダイアトニックコードを思い出しましょう。
ダイアトニックコードでAM7というコードが出てくるのは、Aメジャースケール上にできるダイアトニックコードとEメジャースケール上にできるダイアトニックコードの2つだけです。ですから、AまたはEのメジャースケールが使えるということがわかります。
しかしながら、曲ですから他のコードも出てきますのでそれも見なければなりません。
次のF#m7も見てみましょう。

ダイアトニックコード上にF#m7が出てくるのはDとAとE。
AM7とF#m7で共通して使えるスケールはAとEのメジャースケールである、ということがわかります。

では次にDM7。
ダイアトニックコード上にDM7が出てくるのはDとA。ですからDメジャースケールとAメジャースケールが使えます。

では残りあと1つのコード。
ダイアトニックコード上にE7が出てくるのはAのみ。Aメジャースケールが使えるということです。

まとめますと、
AM7・・・Aメジャースケール、Eメジャースケール
F#m7・・・Aメジャースケール、Eメジャースケール、Dメジャースケール
DM7・・・Aメジャースケール、Dメジャースケール
E7・・・Aメジャースケール

4つのコードに共通して使えるのはAメジャースケールであるということがわかります。
ですから、「Stand By Me」でアドリブを演奏する場合はAメジャースケールを使っていれば外れた音が出ることはないのです。

「Stand By Me」はセッション曲としてもよく演奏される曲ですから、セッションデイを設けているお店に早速行ってセッションデビューしてみてください!


【サックスとfujiborn】
歌うように演奏するとよく言いますが、歌を勉強するのもサックス奏者には効果的です

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/

秋のバーベキュー大会

写真(1)

仲良しなお友達にお誘い頂きまして、昨日はバーベキュー大会をしましてございます。

小生はお魚釣りもしたい気持ちでしたので、釣り竿を借りて行きました。
自発的にお魚釣りをしたいなどと思うのは凡そ20年ぶりでしたので、取り敢えず釣具屋さんに行って必要な小物やエサなどを買いました。

バーベキュー大会の会場は向島でしたので、すぐ近くです。
集合時間までに1時間以上ありましたが、何せ昨日の小生は早くお魚釣りをしたくてウズウズズウズとしておりましたから、もう先に行きましたのです。
「あの頃の俺は何も恐れずに家を飛び出したのさ」
といったところなのです。

海岸へ到着した小生は、一旦空を見上げました。
波の音、潮のかほり、未確認飛行物体・・・・・

イカンイカン。
そのまま15分ほど経過しておりましたので急いで釣りを始めました。

10分もしないうちに強い引きがございました。
小生は燃えました。一瞬にして気分は梅宮パパや松方アニキです。
漁師になった小生は黒光りする顔面を持ち合わせておりませんから、やたらと光る頭部でそれを補いました。

リールを巻きます。
「アチャパチャノチャ」を歌いながら竿をさばく小生は傍から見ると「シャカリキコロンブス」だったでしょう。ローラースケートの軍団に「遊ぼうよパラダイス!」と頗る気さくなお誘いを受けたとしても不思議ではないでしょう。

海面に現れる大きな黒い影。
カジキなのか、シーラなのか、ホオジロザメなのか。
ワクワクと興奮でズボンはもう有り得ないくらいにビショビショです。

釣り上げたのは25センチのチヌでした。
予想より3メートル程サイズが小さかったのですが、尾道~気仙沼間の1250㎞を基準にした場合、3メートルというのは余りにも微々たる数字ですから全く気にもとめませんでした。

お友達も到着し、バーベキュー大会が始まりました。
(325-300)㎝のチヌはお友達がアクアパッツァというやたらと「ア」の多い料理にしてくれました。

全体的に美味しかったのでよかったです。
写真


【サックスとfujiborn】
サムフックにあまり深く親指を引っ掛けてしまうと操作性が落ちます

サウンドトレジャー
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/
ギャラリー
  • スパイス研究中
  • 福山ジャズフェス2018
  • 明日は弾き語りライブです
  • 10月のライブスケジュール
  • 10月のライブスケジュール
  • 10月のライブスケジュール
  • 10月のライブスケジュール
  • アドリブがどうしてもできない人の為の練習メニューその8
  • 練習用のマイナスワンを作りました