3つの音でできたコードとして前回はメジャーコードについて書きました。
今回はマイナーコードです。

名前としては「マイナーだからあんまり使わないのか?」と思う方もおられるかもしれませんが日常で使うメジャー・マイナーとは違い、マイナーコードも音楽では頻繁に使います。


それでは解説していきますが、メジャーコードについて理解できているほうがスムーズです。


Cm→「Cの音、つまりドがルート(基準の音)となるm(マイナー)のコード」という意味を超短縮して表記しているわけです。便利ですね。

マイナーですので3度がフラットします。
だから、
Cmはド、ミ♭、ソで構成されています。

「メジャーコードの3度がフラットする」と覚えても良いですし、
「ナチュラルマイナースケールの1.3.5度」と覚えても良いです。


いくつかやってみましょう。

Am→ラ、ド、ミ

Dm→レ、ファ、ラ

Fm→ファ、ラ♭、ド


メジャーコードかナチュラルマイナースケールのどちらかが頭に入ってないと理解するのが難しいと思います。音楽理論は基礎からの積み重ねが重要ですので焦らずコツコツと覚えてみてください。




【サックスとfujiborn】
割れたり欠けたりしたリードは捨てましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/